週刊ベースボールONLINE

[日本シリーズ特別企画]

侍ジャパン首脳陣たちの『短期決戦』

 

山本監督以下、第3回WBC首脳陣の短期決戦の適応性、指導力を日本シリーズ経験から見極める!

WBCは、過去2回の大会で、プロ野球のペナントレースとは、まったく違った戦い、野球になることがハッキリした。
第3回を託される山本浩二監督以下の「侍ジャパン」首脳陣は、もちろんそれは十分に承知している。
日本におけるWBCに似た形の戦いといえばCSから日本シリーズへの戦いがある。
CSはひとまずおき、今回の首脳陣の日本シリーズの『習熟度』からWBCへの適性、対応能力などを探ってみたい。
写真=BBM

【注】…各首脳陣の日本シリーズ成績において、出場年度横の球団名は対戦チーム、★マークは日本一。成績は通算。

【侍ジャパン監督】
山本浩二[広島]
出場:75急、79近★、80近★、84急★、86西
成績:35試 33安 7本 18点 1盗 率.250
表彰:敢闘賞75、優秀選手84
●監督成績/広島
出場:91西
成績:7試 3勝4敗 勝率.429

▲1986年、広島対西武の日本シリーズ第1戦の9回裏、今回、侍ジャパンの指揮官となった広島・山本浩二は、投手総合コーチとなった西武・東尾修から、劇的な同点本塁打を放つ



常に「全試合フル」
濃密な頂上決戦の経験

 山本監督の日本シリーズ経験は、V9巨人や西武黄金時代を経験した首脳陣、選手に劣らない濃密なものだ。

 選手として5度、監督として1度。しかも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング