週刊ベースボールONLINE

長嶋がいて、松井がいた 1

中畑清[元巨人コーチ、現DeNA監督]が見た“ミスター”と“ゴジ”の関係性

 

固い絆で結ばれ、国民栄誉賞同時受賞も果たした長嶋茂雄松井秀喜
1993年、松井が長嶋監督率いる巨人に入団したが2人は当初、どのような関係性だったのか。
松井の新人時代、打撃コーチとして間近で接してきた中畑清が見た2人の師弟ストーリーの始まりとは――。
文=永瀬郷太郎(スポーツニッポン新聞社) 写真=BBM

「本人が納得するまで手を出すんじゃないぞ」

 長嶋茂雄と松井秀喜。その師弟関係を2人の間で見てきたのが現在DeNA監督の中畑清である。1992年オフ、師と仰ぐ長嶋の監督復帰と同時に巨人打撃コーチに就任。長嶋がドラフトで引き当てたゴールデンルーキーの指導に当たった。

中畑 ミスターはゴジ(松井)にものすごく気を使っていたね。1年目(93年)のキャンプでは“今のところは好きに打たせろ。打てなくていいから。本人が納得するまで手を出すんじゃないぞ”と言って、俺に触らせてくれなかった。

 フリー打撃では豪快にサク越えを連発する規格外の新人。しかし、中畑の目に修正すべき点は明らかだった。「ありとあらゆる関節が硬い。動きがロボットみたいで、柔軟性がまったくない。これじゃあプロのスピード、変化球にはついていけない。実戦になったら打てないな」。そう思っても長嶋の指示に従い、出したい言葉をグッとこらえた。

「キヨシ、もういいぞ。やれ」

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング