週刊ベースボールONLINE

監督という仕事

森祇晶 言葉から見る監督という仕事と苦悩

 

勝つことのみが自身の価値の証明となる監督という仕事において、勝つ喜びの裏には、幾多の苦悩もまた存在する。
リーグ優勝8回、日本一6回と黄金時代を築いた西武を率いた森祇晶の言葉には、そんな監督としての矜恃と苦悩が詰まっていた。
当時の背景とともに振り返る。
構成・文=片桐完


プロ野球で勝ち続けることの難しさは、成し遂げた者でないと分らない。不滅のV9を達成した巨人川上哲治監督以来のリーグ5連覇をすべて完全優勝で果たした西武・森祇晶監督の喜びと苦悩は何気ない言葉にもよく表れていた。

「こどもの日まで待ってくれ……」(1986年4月頃)

 森監督1年目の最大の仕事のひとつはルーキー清原和博をどう使うかだった。「清原を球界の宝として育てろ」との厳命が親会社トップから出されていたと言われる。南海との開幕第2戦、6回の守りから出場、9回に藤本修からプロ初ホーマーを放ち、見事なデビューを飾らせたが、その後低迷。周囲では「ファームで鍛え直した方がいいのではないか」という声も上がっていた。

 森監督は後日、こんなふうに清原を語っている。ている。「初めてキヨを見たとき、背中から光を発しているように感じた。多数の新人を見てきたが、あんな衝撃を受けたことは後にも先にもない」。だからこそ大事に育てたかったのだ。1カ月は我慢しようと考えたのだろう。それが冒頭の言葉となった。その思いに応えて、清原は5月5日こそ無安打だったが、10日のロッテ戦(川崎)で2本塁打を含む4安打と爆発。一気にアクセル全開で、4月末に2割3分だった打率を1カ月後には3割の大台に乗せていた。

▲86年、プロ1年目の清原[写真]をスタメンで起用。開幕当初は不振だったが、森の起用に応え、最終的に新人王を獲得


「苦しみは自分に刺激を与えてくれる。耐えることは一方で人間に勇気、強さを与えてくれる」(1989年12月頃)

 森監督の西武時代、華やかな実績の谷間で屈辱の瞬間が何度かあった。その最大のものが、いわゆる「やりたければどうぞ」事件だろう。監督1年目の86年から3年連続日本一の偉業を達成した。しかし89年、首位・近鉄と半ゲーム差の3位に沈むと、堤義明オーナー(当時)から「来年はどうするの? やりたければどうぞやってください」とのフレーズを投げかけられたのである。

 暗に「辞めなさい」と言っているようなものだから、堤発言の反響は大きかった。相談した友人たちも「辞めろ」「続けろ」と二手に分かれた。そんなとき、決断を促したのは、当時、箱根でオーバーホールしていた選手たちだったという。「監督、やりましょうよ。来年はぶっちぎりで優勝しましょう」。いつもとは逆に、選手からの熱い言葉を受けて「あのときは、本当に胸に響いたんだ」と漏らした。

 後日、森監督が堤発言の背景を解説したことがある。「私はこの年で契約切れだった。つなぎと考えていた人物が3連覇してしまった。西武にとっては計算違い。次の監督を、と考えていたところにV逸。しかも契約最終年。3連覇監督を解任できないので、何とか本人から身を引くような形にできないか考えたのだろう」。“やりたければ発言”は幻の森辞任劇のプロローグというわけだ。名将の読む力はグラウンド内だけではない。

「ルールで認められたことをやって責められる世界がどこにあるんや」(1993年夏頃)

 90年からリーグ5連覇を達成した西武。他球団にしてみれば、なんとしても倒したい相手だった。93年は大沢啓二監督率いる日本ハムが常勝軍団に仕掛けた。いわゆる“バント論争”である。優勝争いを繰り広げた終盤、大沢監督は「西武の野球はバントをやるからつまらない」と批判した。確かに、西武は序盤であっても、確実にバントで走者を進塁させて得点を狙い、試合の主導権を握る展開を得意としていた。勝つ野球のベースとなるバントは森西武から欠かせない攻撃アイテムだった。

 すでに他界した大沢監督は生前「あれは森に言ったわけじゃねえ、本当は。バントの大切さは分かるが、オレが野球の魅力と考えているスピードが死んでしまうからだ」と主張していたが、論争当時は2人のキャラクターの違いもあって、メディアが面白く囃し立てた部分もあった。大沢親分は十分に計算して、森西武を挑発、心理的な揺さぶりをかけた側面は否定できない。

 森監督が漏らす。「もしあのとき、その発言を気にかけ、バントをやらず、格好よく野球をしようなどと考えていたら、優勝などできなかったろう。そんなことしていたら、きっと後悔すると思う」。ペナントレースはそんな裏舞台も巻き込みながら、動いていくものだ。

▲93年は日本ハムの大沢監督の発言をきっかけに“バント論争”が巻き起こったが、10月13日に4年連続のリーグ優勝を果たした


「彼も一人の人間だ。彼という人間を救ってくれないか」(1993年10月)

 この言葉はシーズンも終盤のミーティングでの発言。「彼」とは工藤公康。この年、西武は優勝にあと1勝まで来て足踏み。産みの苦しみを味わった。そんなころ、工藤の“舌禍事件”が起きた。スポーツ各紙に「オレはチームのために投げるのではない」という主旨の、登板拒否ともとれる発言をしたというのだ。

 工藤はマジック1となった段階で左肩の不安もあり、「シリーズ用調整に専念したい」と申し入れ、日本シリーズまで登板せずを決め込んでいた。ところが、そこからチームは4連敗。緊急事態に、工藤に先発要請がきたが「投げられません」。思わぬエースの反乱にマスコミは騒ぎ、あるコーチが「大事なときに自分のことしか考えていない選手がいる」と発言したものだから、火に油をそそぐ結果になった。優勝目前で勃発した反乱に、ナインの心も穏やかではなかったはずだ。

 ここはまずは炎を沈めねばならない。全選手を集め、その前に工藤を立たせた。「誰にも間違いはある。ああ言った、こう言ったと言っても始まらない。でも不用意な発言をしたのは工藤だ。みんなにも迷惑をかけた。謝りたいと言ってるし、監督のオレに免じて許してくれ」と話し、冒頭のフレーズにつながる。チーム内の不協和音を摘み取るのも指揮官の仕事である。

▲93年、この年15勝を挙げた工藤の発言がチーム内に思わぬ波紋を投げかけたが、森の計らいとミーティングでの言葉が騒動を沈静させた


PROFILE
もり・まさあき●1937年1月9日生まれ。大阪府生まれ、岐阜県出身。
岐阜高から55年に巨人に入団。現役時代は巨人V9時代の正捕手として活躍し、抜群のインサイドワークに加え、勝負強い打撃に定評があった。引退後はヤクルト、西武でコーチを務め、86年に西武監督に就任。94年に退任するまでリーグ優勝8回、日本一6回と黄金時代を築いた。01年から02年には横浜の監督を務め、05年野球殿堂入り。現在はハワイ在住。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング