週刊ベースボールONLINE

こんなこともありました!

トレード“あれこれ”出来事史

 

多くの球団を渡り歩いた選手がいれば、移籍を拒否した選手もいる。
くすぶっていた選手が、移籍を機に活躍の機会を得ることもある。
プロ野球がまだ1リーグ制だった時代の話から、近年の話まで、ここでは、トレードにまつわるさまざまな出来事を紹介する。


【8球団を渡り歩いた流浪の左腕】
後藤修[松竹→大洋松竹→洋松→東映→大映→巨人→近鉄→南海→西鉄]


 静岡の磐田南高から1952年に松竹入りした左腕・後藤修は、翌年、その松竹が大洋と合併して洋松の所属になる。しかし、この2チームでの一軍登板はなく自由契約となると、東映のテストを受けて55年に入団。プロ初登板を果たしたが、ここでは5試合に終わった。すると、56年には大映に入団。11度の先発を含む33試合に登板すると、プロ初勝利を挙げるなど6勝12敗の成績を残した。

 しかし、そのオフにチームが高橋を吸収合併。それにともない、後藤は巨人へと移籍した。巨人で2年間プレーしたのち、近鉄のテストを受け入団。2年で退団すると、その後も南海で2年、西鉄で1年プレーした。後藤が12年間のプロ生活で渡り歩いた球団は、なんと8球団。通算169試合に登板し18勝31敗。ちなみに、引退後はゴルファーに転身しコーチとしても活躍。中嶋常幸や尾崎将司らを指導した。
【行く先々で日本シリーズに出場】
阿波野秀幸[近鉄→巨人→横浜]




 亜大の左腕は1986年秋のドラフトで巨人、横浜大洋、近鉄の3球団に1位指名を受けた阿波野秀幸。抽選の結果近鉄に入団すると、1年目に15勝を挙げ新人王に輝く。89年には最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得しリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは優秀選手に選ばれた。しかし、成績が下降線をたどると94年オフに香田勲男との交換トレードで巨人へ。96年は4試合の登板に終わったが日本シリーズでは中継ぎで登板。

 その後・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング