週刊ベースボールONLINE

安仁屋、川口の“巨人キラーぶり”

対巨人戦勝利数トップ10...安仁屋宗八、川口和久

 

巨人に対する勝利数が多い投手のトップ10人を掲載。安仁屋宗八川口和久のように巨人に強かったイメージの選手もいれば、松岡弘のような意外な顔ぶれもランキング入り。負け数、勝率も併せて見ることで、新たな事実も見えてくる。



 対巨人最多勝利は、高校を中退して国鉄に入団した金田正一。対戦数、敗戦も多いが、下位に低迷するチームで65勝を挙げたことは称賛に値する。対戦期間は15年。巨人(5年間在籍)へ移籍しなければ、記録をさらに伸ばしていたはずだ。

▲金田正一



 トップ10内で巨人に勝ち越しているのは3人だけ。平松政次は通算201勝のうち、4分の1を巨人から挙げている。35勝の星野は74年に中日優勝の原動力となり、巨人のV10を阻止した。川口は通算139勝のうち・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング