週刊ベースボールONLINE

 



NPB通算成績 272試合117勝68敗18S 防御率3.16
最高球速 156km/h

台湾から来たオリエンタル・エクスプレス

 150キロ台後半の快速球からオリエンタル・エクスプレスと呼ばれた。84年のロサンゼルス五輪でのアメリカ戦で158キロを記録。西武では1年目の1985年7月8日、日本ハム戦(後楽園)で156キロをマークした。

投票者&選出理由コメント
森山良二[楽天] 質が違った。低い位置から腕をしならせ、ボールが低めから浮き上がる。ブルペンで見て「到底かなわない」と思った
伊東勤[ロッテ] 全身がバネのような感じで、キレのある真っすぐを投げてくる。あの球はメジャーでも通用したのではないか
川越英隆[ロッテ] 小学校のときにテレビで見たけど、160キロくらい出ていた。オリエンタル・エクスプレスと呼ばれていた姿にあこがれた
藤井康雄[ソフトバンク] 地を這うような直球とはまさにこれ。ホップするような、伸び上がってくる直球で、コントロールもよかった
山口高志[阪神] キレイな回転で伸びのあるボールを投げていた。高速スライダーもあるから、余計直球に詰まらされたんじゃないか
香川伸行[元南海] 投手が不利なカウントで一番
速い球を投げる。渡辺久信は上からドン! だけど、郭は下からホップしてくる
彦野利勝[元中日] 日本シリーズでかすりもしなかった。一見速そうでないのに球が来るのが嫌。球宴での江川さんも見た目より速かった
福本 豊[元阪急] 振り遅れないようにポイントを前にして対応した。高速スライダーのキレもすごく、引っかけて内野ゴロに打ち取られた




NPB通算成績 286試合49勝41敗90S 防御率3.31
最高球速 153km/h

一球入魂!“炎のストッパー”

 抑えに転向後、気迫みなぎる全力投球で勝負した「炎のストッパー」。86年には、その剛速球で原辰徳(巨人)を骨折させ、バースを150キロ超の直球で3球三振に仕留めた。89年6月28日の巨人戦(広島市民)で153キロをマーク。

投票者&選出理由コメント
大野 豊[元広島] いろいろな投手を見てきたが、真っすぐでは彼が一番。スピードはもちろん、気持ちがこもっていた
田村藤夫[ソフトバンク] 「速い」。この言葉がピッタリの投手。球宴で一回対戦したとき、浮き上がってくるような直球で、これは打てないと思った
森脇浩司[オリックス] 気迫を前面に出して投げる真っすぐはガン表示も速いが魂がこもっている。直球勝負と分かっていても対応できない
畝 龍実[広島] 間近で見させてもらい、ものすごい真っすぐだった。体感では一番でしょう
岡本克道[DeNA] その闘争心が球に乗り移ったような剛速球が素晴らしかった。対戦して威圧感があった
河田雄祐[西武] 130キロ台後半が、150キロのボールに見える。横から見て、投げたらボールがもう捕手のところに届いているような印象
鈴木康友[楽天] ボールが速い投手は何人もいると思うけど、速いだけじゃなかった。真っすぐに魂がこもっていた
山脇光治[阪神] ズドンと勢いがあって、とらえてもバットを押されるような重い真っすぐだった。回転が汚くても、勢いがあった



NPB通算成績 266試合135勝72敗3S 防御率3.02
最高球速 153km/h

高校時代が最速?の“怪物”

 高校時代から150キロを超えていたと言われる。プロ入り後の最速は81年8月30日の阪神戦(後楽園)で小林繁と投げ合ったときの153キロ。速球派ながら制球力があり、与四死球が少なかった。

投票者&選出理由コメント
鹿取義隆[元巨人] 伊良部も速かったけど、そのうち目が慣れる。その点、江川さんの真っすぐは伸びがあり、数字以上の速さを感じた
篠塚和典[元巨人] 高校時代の対戦ではぐんぐんホップしてくる感じ。プロ入り後、江川さんのような速球には出合わなかった
内田 順[広島] 真っすぐとカーブしかないのに好成績を残せたのは、真っすぐが“超一級品”だったから
小川淳司[ヤクルト] 球が途中から速くなる感じ。手元に来たときの伸び、速さがあった。球速表示以上に球の質が高かった
杉村 繁[ヤクルト] 安打はよく打てたが、得点圏に走者が出たときの集中力はすさまじかった。直球が胸元に浮いてくる感じだった
青島健太[元ヤクルト] 回転数が多く、吹き上がるように、伸びてくる。自分が打った唯一の安打は真っすぐ待ちでタイミングが合ったカーブ



NPB通算成績 361試合41勝50敗60S107H 防御率3.16
最高球速 156km/h

ホップ&ズドンの独特直球

 入団時は先発。08年にヒジの手術を受け、10年からリリーフに転向。速球中心のスタイルに変わって球速も上がり、11年には平均147.9キロを記録。最速156キロのストレートを武器に、リーグ屈指のリリーバーに。

投票者&選出理由コメント
安達了一[オリックス] 守っていて、後ろから見てボールの勢い、伸びがすごい。打者があきらめているかのような反応をしている
今浪隆博[ヤクルト] 投げる角度や手の巻き込み方が小さいため球の出所が見づらい。高低がよく分からず、振ったら高めだったことがよくある
金澤 岳[ロッテ] 速い。とにかく速い。フォームもテークバックのあとが独特な感じで、合わせづらい
鈴木大地[ロッテ] クイックが日本一速い投手だと思う。クイックでの球も速いから自分のタイミングで打てず、振り遅れることが多い
荻野貴司[ロッテ] 直球は気づいたときには自分のところまで来ている感覚。抑え投手の中でも別格の直球だと思う
角中勝也[ロッテ] ホップする感覚とズドンと来る感覚がミックスされた感じ。直球を狙って空振りさせられる投手は、なかなかいない

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング