週刊ベースボールONLINE

2014 変化球特集

金子千尋 全球種の握りを完全公開!

 

昨年オフ、新たにパワーシンカーを取得し、8球種の変化球を操る日本球界No.1の使い手・金子千尋。NPB現役選手も驚く球種を生みだすその握りをストレートも含め完全公開!

ストレート

まずは基本のストレート。ストレートの握りは縫い目の向きを気にしている。右ピッチャーのため自身から見て縫い目の向きが「く」の字になるように握る。「持っただけで分かります」(金子)

カーブ

人さし指と親指がボールの中心にくるように握る。このとき、手のひらとボールの間はスキ間を空けずにべったり。そうすることで手首が使いづらくなり、スピードが遅くなる。

シュート

中指、人さし指の第一関節の腹の部分を縫い目に掛け、ボールの上にポンと置くイメージで握る。そして、リリースの際にできるだけ体の内側から、顔の前からボールを出す。

スライダー(横)

シュートの握りとほぼ同じ。ただ、人さし指と中指を縫い目の上にポンと置くのではなく、指の重心を少し外側に置くようにして握る。親指の位置はストレートのときとほぼ同じ。

スライダー(斜め)

人さし指と中指をくっつけて縫い目に掛ける。このときも縫い目の上に指をポンと置くだけでなく、指の重心を少し外側に置くようにして握る。

チェンジアップ

チェンジアップというよりは中指と薬指でストレートを投げるイメージ。このとき、人さし指と小指はただボールを支えるだけ。投げる際はヒジを抜かず手のひらも上に向けない。

スプリット

人さし指を縫い目に掛ける。そして、リリースの最後に少しだけ人差し指に力を入れてボールに回転を掛ける。そうすることで、一瞬だけでも打者にストレートと思わせることができる。

カットボール

真っすぐの握りから反時計回りに縫い目2つ分回して握る。握っている感覚はあくまでも真っすぐの感覚と一緒。投げるときはしっかり中指に力を感じながら最後は中指で離す
※週刊ベースボール 2013年6月17日号掲載

新球種
パワーシンカー

シンカーより速くシュートより若干遅くて変化が大きい球種。シンカーはサイドスローの投手がよく投げるボールで、その際は指を横に開いて握ることが多い。しかし、金子の場合は指を縦に開き人さし指と中指を縫い目に掛ける。投げるときに回内のタイミングを意図的に早くすることで、ボールが抜けることなくスピードを出すことができる。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング