週刊ベースボールONLINE

2014年6月12日(木) 0:00 




▲主なNPB獲得タイトル



 歴代の並み居る名投手たちを押さえ、ランキングの1位に輝いたのはこの男だった。NPB7年間で2度のMVPに加え、日本プロ野球史上初の5連続防御率1点台などNo.1の称号にふさわしい実績を残してきたスーパーエースには世代を超えて多くの票が集まった。

 その細心かつ緻密な投球の中にも豪胆さ豪快さを兼ね備え、たとえるなら「最高の本格派にして、最高の変化球投手」とでも言えるダルビッシュのピッチングスタイル。それを実現させているのが天性の鋭い指先の感覚にある。すべてが高精度を誇る変化球の曲がりの大きさだけでなく、ストレートのスピードさえも自在に操れる器用さ、さらに指先の感覚に加えて試合中の修正能力の高さも他の追随を許さないものだ。

 その力が特に発揮されたのが2009の巨人との日本シリーズ。左臀部痛で出場が絶望視されていた中で披露した、痛みを軽減するコンパクトなフォームでのスローカーブを軸に据えた“一世一代”のピッチングは、ダルビッシュの底知れぬ力をまざまざと見せつけた試合となった。

 日本球界で頂点を極めた男は、力と力の勝負を追い求めて2012よりメジャーの舞台へ。昨はア・リーグの最多奪三振のタイトルを獲得し、3年目の今シーズンはチームの開幕投手にも指名され、着実にステップアップを続けている。

 そんな彼はこう言う。「まだ自分は発展途上。キャリアのピークは30か31(歳)ぐらいだと思っています」と。いまだ進化し続ける右腕が見据える右腕にはどんな景色が広がっているのか。日本No.1から世界一のピッチャーへ。ダルビッシュが紡ぐ伝説のストーリーはまだ道半ばだ。



投票者&選出理由コメント
後藤光尊[楽天] 直球も変化球も精神力もすべて持っている。どんなボールが来るのか、対戦がいつも楽しかった
嶋基宏[楽天] 威圧感があって相手を牛耳る力があるピッチャー。初めて対戦したときは3打席3球三振だった
枡田慎太郎[楽天] 中学校のときに対戦した。当時からまったく打てる気がしなかったほど、ズバ抜けた才能を持っていた
中村剛也[西武] 日本時代にけちょんけちょんにやられた。威圧感もあって、すごい球を投げていた。対戦していて楽しかった
高橋朋己[西武] 生で見たことはないですが、真っすぐも速いし、変化球も一級品。すべてにおいて完璧なんじゃないですか
今江敏晃[ロッテ] 真っすぐの速さであったり、変化球の曲がりの大きさが印象的でした。投手に必要なすべてがそろっていた
根元俊一[ロッテ] 何がすごいって、とにかく全部がすごい。持ち球の何を打ったらいいのか本当に分からなかった
本多雄一[ソフトバンク] 対戦成績も悪いし、球種の多さとスピードがやっかい。体が大きいし、フォームに威圧感もある
鶴岡慎也[ソフトバンク] あまりに投手としてのスケールが大きすぎて、彼について僕がどうこう語るのも失礼だと思うほどすごい
江川智晃[ソフトバンク] 球種の豊富さとそれぞれの精度の高さで群を抜いているピッチャー。緩急があり、対応しづらい
宮崎祐樹[オリックス] すべてのボールで勝負できる選手。どう打つか考えたときに自分が打っているところを想像できない
川端崇義[オリックス] いろいろな球種を投げられるし、自分の思うようにゴロを打ち取らせたりするように見えるのですごいと思う
駿太[オリックス] 持っている球種が多いですし、球も速いですし、一つひとつの精度が高いです。スキがありません
坂口智隆[オリックス] 軸になる球が多くて日によってすごさが違う。試合を楽しむということはなかなかないけど、勝負を純粋に楽しめた
古久保健二[オリックス] 彼を選ぶのに理由付けはいらない。身体能力、球のスピード、変化球、どれをとっても一流のピッチャー
厚澤和幸[日本ハム] 修正能力の高さがズバ抜けている。あの技術、あの指先の感覚の持ち主は今まで見たことがない
武田勝[日本ハム] 技術や身体能力など、投手として必要なものをすべて持っている。あのルックスも含めて、すごかった
鍵谷陽平[日本ハム] すべてにおいて、ずば抜けていますよね。ストレートも変化球も、すべての球種がすご過ぎました
杉谷拳士[日本ハム] 一緒のチームでやらせてもらって、練習への取り組み方や、試合への準備などすべてがすごかった
武田久[日本ハム] 全部、すごい!先発だから力を抜く場面もあったけど、短いイニングを全力で投げたら、誰も打てないと思う
藤井彰人[阪神] コントロールも変化球も球威もすべてがNo.1。打席で見ても、キャッチャーとして受けても、本当にすごい
福留孝介[阪神] ポテンシャルが高い。何がいいって、総合的に。メジャーであれだけ勝てるのも不思議じゃない
今成亮太[阪神] キャッチャーとして受けていて、打たれる気がまったくしなかった。どれか1つでも抑えられるんじゃないかと思うくらい
俊介[阪神] とにかく「すごい!」のひと言です。ボールはもちろん、マウンドでの威圧感もすごいです
前田健太[広島] 球種がめちゃくちゃ多いのに、すべてのボールが一級品。あの歳で、そこまで達していることもすごい
柿田裕太[DeNA] 衝撃的だったのはダルビッシュさんと田中将大さんですが、一人だけを選ぶとなると、やっぱりダルビッシュさんかな
高城俊人[DeNA] すべての球種がすごいけど、真っすぐとスライダーが特にすごい。一度対戦してみたい。絶対打てないと思うけど
相川亮二[ヤクルト] スピード、フォーム、コントロール、変化球、ピッチャーに必要な能力のすべてのレベルが高い

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー