週刊ベースボールONLINE

 

オリックスの勝利を締めるクローザー・平野


交流戦は巨人ソフトバンクとの争いに敗れ優勝を逃したが、それでもパ・リーグ首位の座を守り、ペナント再開を迎えるオリックス。その躍進中のチームを支えているのが、質量ともに豊富な投手陣だ。6月21日の時点でチーム防御率2.59は12球団トップ、救援投手に限ってもソフトバンクに次ぐ2.66(2位)の数字を残している。では、12球団一と評されるオリックスのリリーフ陣はどのようにして作られているのか、オリックスブルペンのヒミツに迫る。
文=喜瀬雅則(産経新聞) 写真=BBM

優勝争いを見越し中継ぎにも登板ローテ

 『鉄壁の投手陣』──。

 今季のオリックスを形容する言葉としては、このフレーズがまさしく的確だろう。6月21日現在のチーム防御率が2.59。シーズンも半ばにさしかかり、2点台の数字を残しているのは、12球団でもオリックスのみ。これに次ぐのがソフトバンクの3.05だから、いかにこの成績が、頭抜けているのかが分かるだろう。

 その“脅威の防御率”を支えているのが、質量ともに豊富なリリーフ陣だ。今季のオリックスの勝ちパターン、『勝利の方程式』となる継投を担うのは、岸田護比嘉幹貴馬原孝浩佐藤達也平野佳寿の5人。馬原はソフトバンク時代の2007年にセーブ王、平野佳は11年、佐藤達は13年にそれぞれ最優秀中継ぎ投手賞と、タイトルホルダーが3人もおり、リリーバーとしての実績も十分に兼ね備えた陣容を誇っている。


 首位を走る現状で、この5人の登板機会は、必然的に増えている。6月21日現在、65試合を終えたオリックスだが、うち佐藤達は33試合、平野佳、馬原がともに29試合、比嘉も23試合に登板。ただ、今夏以降の優勝争いを見越した上で、森脇浩司監督は、このリリーフ陣の“勤続疲労”を避けるための手を打っている・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング