週刊ベースボールONLINE

球界200人が選んだ!内野守備ランキング

歴代の名一塁手の系譜

 

 今回のアンケートでは一塁手に1票も入らなかったが、歴代の名一塁手の一部を紹介する。

 戦死したため、キャリアは短いが、どんな送球も捕ることから“タコ足”と呼ばれた伝説の一塁手、中河美芳がいる。股関節が柔らかく、股を開いて地面にピッタリついて捕球することができたという。

▲中河美芳



 タコ足2世と呼ばれたのが南海、ヤクルトで活躍した飯田徳治。俊足を生かして一時外野に転向したが、その捕球技術は職人芸と言われた。

▲飯田徳治



 王貞治はショートバウンドをすくい上げる技術が非常に高かった。もともと投手だったこともあり、強肩でもあった。

▲王貞治



 ゴールデングラブ賞の最多選出は、巨人、横浜の両チームで優勝を経験した駒田徳広。もともと外野だったが、一塁に転向して、柔らかい手首を生かした捕球技術が高かった。

▲駒田徳広



【一塁手のゴールデングラブ賞受賞回数ランキング】
※球団名は受賞時の所属

10回 駒田徳広(巨人、横浜)
9回 王貞治(巨人)
7回 中畑清(巨人)
5回 小笠原道大(日本ハム)
5回 清原和博(西武)
4回 柏原純一(日本ハム)
3回 栗原健太(広島)
3回 加藤秀司(阪急)
3回 シーツ(阪神)
3回 ペタジーニ(ヤクルト)
3回 福浦和也(ロッテ)

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング