週刊ベースボールONLINE

 

内野ノックができる室内練習場にて撮影。寮、グラウンドも隣接しており、最高の環境が整う


取材・文=岡本朋祐 写真=佐藤真一

ノンキャリアでも開花できたその理由

 カーレースの本場・鈴鹿は野球熱も高い。社員の士気高揚。沖縄電力との都市対抗1回戦(7月21日)で、ホンダ鈴鹿の工場は操業がストップする。臨時新幹線で総出により、東京ドームへ向かうのだ。5年ぶり(20回目)の出場に、グラウンドで激励する訪問者も絶えなかった。

 期待を背負うバッテリー3人が、チーム浮沈のカギを握る。いずれも今年がドラフト解禁年。野球人生をかけた一発勝負を迎えるが、いずれも逆境を乗り越えた精神力が、支えとしてある。

 大卒2年目・土肥寛昌土肥義弘(元西武ほか)が親戚に当たり、白球の血筋を持つ。東洋大では4年間で未勝利に終わった。1学年上に千葉ロッテ藤岡貴裕がおり、大学選手権で連覇を達成。絶対的エースが抜けた翌年は大チャンスも、主戦にはなれなかった。最速149キロの潜在能力も制球難で、大事な試合は任せられなかった。4年秋は一部最下位で専大との入れ替え戦にも敗れ、二部降格の憂き目に。

「大学には迷惑をかけた。情けなかったので、社会人では変わった姿を見せたかった」。ほぼ実績のない土肥だったが「球に力がある」と早くから目をつけていたのが、ホンダ鈴鹿・甲元訓監督だった。

「リストが強くて球質が良く、打者が差し込まれる。(力加減を)我慢して丁寧に投げればいい」。指揮官の助言で土肥は覚醒のときを迎え、1年目から登板機会に恵まれた。昨年まで先発2本柱・濱矢廣大が東北楽天入り、前橋泰輔が現役引退し、14年は土肥に新エースが託された。今夏の都市対抗予選では6試合中5試合に先発。文字どおり、東京ドーム切符の原動力となった。

 手元で伸びる直球に、シュートで左打者の外角を引っ掛けさせるのもスカウトが評価する一つ。「順位、球団にもこだわらない。プロへ行きたい」と言う。

 土肥との二枚看板は高卒3年目・守屋功輝。倉敷工高では甲子園経験がなく、入社から2年間も故障や体調不良により、公式戦は1試合のみだった。高卒3年の“ストレート”でプロ入りした濱矢をお手本としており「このままではプロへ行けない」と一念発起。冬場は300メートルトラックで40秒間ダッシュを20本、キャンプでもホテルから球場までの8キロをランニングするなど、徹底的に体を鍛えた。

 公式戦初先発となった3月のスポニチ大会(対大阪ガス)を7回2失点。スリークオーターから最速148キロに、チェンジアップで凡打の山を築いた。この一戦で自信をつけると同時に、甲元監督から信頼を得る。冷静な土肥に対し、守屋は闘志前面の投球が持ち味だ。

 都市対抗予選では土肥をつなぐ守護神として活躍。JR東海との第4代表決定戦では6回一死二塁から救援すると、9回まで打者11人をパーフェクトに抑え「高卒3年目では記憶にない」と甲元が言う、都市対抗出場を決める胴上げ投手に輝いた。

今年指名漏れなら……退路を断った覚悟の1年

20年ぶりの都市対抗優勝へ、カギを握るHonda鈴鹿3人のユニフォーム



 両輪をリードするのは大卒2年目・飯田大祐。常総学院高では1年夏から3年連続で甲子園の土を踏み、中大でも3年春から定位置。神宮を通じてエリート街道を歩んだが、プロ志望届を提出も4年時は指名漏れ。社会人野球に触れると、何が足りなかったのかを実感したという。

「澤村さん(拓一、現巨人)、同期では鍵谷(陽平、現北海道日本ハム)、後輩は島袋(洋奨、現4年)と組みましたが、捕手の力というよりは、すべて投手に助けられていた。つまり楽をしていたんです」

 ホンダ鈴鹿では投手の性格を掌握したリードを心掛け、静の土肥と動の守屋対照的な2人の良さを最大限に引き出した。都市対抗予選ではヤマハとの初戦(第1代表ゾーン)で盗塁3つを刺し、犠牲バントも2度にわたる好フィールディングで阻止。強肩と身軽なフットワークを見せつけられたライバルチームは以後、盗塁企図さえできなかった。

 同2戦目(対永和商事ウイング)ではバントによる右手親指骨折と左眉上を5針縫う大ケガも、離脱せず強行出場した男気を持つ。課題だった打撃も力強さが増し、昨年から臨時コーチを務める今久留主成幸氏(元大洋)は「1つの指示で10個理解でき、行動できる。スローイング、キャッチングとプロでやっていける」と、太鼓判を押す。飯田は入社時、甲元監督に「2年で指名されなかったら野球を辞めます」と退路を断った。人生をかけて、東京ドームに挑む。

 甲元監督が法大から入社した1年目の1994年に優勝、黒獅子旗を手にしたホンダ鈴鹿も、以降は7回の出場で8強入りもない。7月29日の決勝へ進出すれば再び、工場のラインはストップする。カーレースの街を熱狂させ、プロ入りに当確ランプを灯すのだ。
PROFILE
どひ・ひろあき●1990年11月16日生まれ。埼玉県出身。181cm85kg。右投右打。善前小3年時から浦和リトルで野球を始めて以来、投手。大谷口中時代に在籍した浦和シニアでは3年春に全国大会4強。埼玉栄高では白崎浩之(駒大−現DeNA)と同期で、2年秋の県4強が最高成績。東洋大では2年春にベンチ入り。東都通算15試合、0勝1敗、防御率3.07。Honda鈴鹿では今季の入社2年目から主戦。

いいだ・だいすけ●1990年9月19日生まれ。茨城県出身。181cm83kg。右投右打。阿見小1年時から阿見ヤンキースで野球を始め、5年から捕手一筋。阿見中では県大会出場。常総学院高では1年夏に控え捕手、2、3年夏はレギュラーで甲子園出場(いずれも初戦敗退)。中大では3年春からレギュラーで東都通算62試合、打率.222、9打点。Honda鈴鹿では1年目途中から正捕手の座を任されている。

もりや・こうき●1993年11月25日生まれ。岡山県出身。183cm78kg。右投右打。玉島南小4年時から玉南少年野球で野球を始め、中堅手として5年時に県大会準優勝。黒崎中から投手専任。倉敷工高では1年秋に背番号11でベンチ入り。2年秋からエースの立場だったが、3年夏は県大会3回戦敗退。Honda鈴鹿では入社3年目の今季、各種大会で実績を残している。都市対抗東海予選では、異例の胴上げ投手。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング