週刊ベースボールONLINE

2014夏 特別企画

高校野球 47都道府県別歴代ベストナイン 中国編

 

歴代高校球児たちがチームを組んだとき、最も強い都道府県はどこなのか。そんな疑問に週ベ編集部が応えます。各校OBたちによるベストナインを作成!47都道府県のドリームチームに思いを馳せよう。


カミソリ、炎、悲運…
多士済々のエースたち


投手 平松政次[岡山東商](元大洋)
捕手 土井淳[岡山東](元大洋)
一塁手 大杉勝男[関西](元ヤクルトほか)
二塁手 川相昌弘[岡山南](元巨人ほか)
三塁手 三宅秀史[岡山南](元阪神)
遊撃手 八木裕[岡山東商](元阪神)
左翼 上田剛史[関西](ヤクルト)
中堅 佐々木誠[水島工](元ダイエーほか)
右翼 葛城育郎[倉敷商](元オリックスほか)

▲平松政次


 1960年に大洋を初の日本一へと導いた秋山登(岡山東、元大洋)、土井の岡山バッテリーが魅力的だが、勝利数から平松との“新旧大洋黄金バッテリー”を実現させてもらった。

 また、“炎のエース”星野仙一(元中日)や松岡弘(元ヤクルト)の倉敷商エースコンビ、黒い霧事件で球界を追われた剛球エースの森安敏明(関西、元東映)など好投手を生む土壌が。

 野手は両リーグ1000安打の大杉やバント職人の川相、代打の神様・八木など、職人芸が光る。


さすが野球どころ広島
スター選手が勢ぞろい


投手 村田兆治[福山電波工](元ロッテ)
捕手 達川光男[広島商](元広島)
一塁手 新井貴浩[広島工](阪神)
二塁手 大下剛史[広島商](元日本ハムほか)
三塁手 藤村富美男[呉港中](元阪神)
遊撃手 広岡達朗[呉三津田](元巨人)
左翼 山本浩二[廿日市](元広島)
中堅 広瀬叔功[大竹](元南海)
右翼 簑田浩二[大竹](元阪急ほか)


▲達川光男


 広島ということで達川、新井、大下、広岡、山本らカープ出身者が多く名を連ねる。全国トップレベルのスター選手がズラリと並ぶラインアップの中で、特に目を引くのが外野手陣だ。福本豊(元阪急)が出てくるまで日本の通算盗塁記録保持者(596盗塁で現在2位)だった広瀬、通算本塁打歴代4位(536本)で広島の黄金時代に四番を務めた「ミスター・赤ヘル」こと山本、攻守走と三拍子そろった簑田と、豪華な顔ぶれが並ぶ。

 内野陣にも役者がそろう。広島時代の2005年に本塁打王、阪神時代の11年に打点王に輝いた新井、「初代ミスター・タイガース」の藤村、堅実な守備を持ち味としていた守備の名手・広岡と層が厚い。これ以外にも「伝説の逆シングル」の白石勝巳(広陵中、元巨人ほか)、二岡智宏(広陵、元巨人ほか)もいる。

 そして投手陣だが、エースはやはり「マサカリ兆治」こと村田以外にはいないだろう。左腕エースは高橋一三(北川工、元巨人ほか)、抑えには高津臣吾(広島工、元ヤクルトほか)もいる。そして、それらの投手陣の女房役はもちろんこの人、達川である。


大エース米田を筆頭に投手陣は人材豊富

投手 米田哲也[境](元阪急ほか)
捕手 土井垣武[米子中](元阪神ほか)
一塁手 中河美芳[鳥取一中](元黒鷲軍)
二塁手 木下政文[鳥取一中](元黒鷲ほか)
三塁手 松原良明[米子工](元近鉄)
遊撃手 長谷川善三[米子中](元阪神ほか)
左翼 藤井勇[鳥取一中](元大洋ほか)
中堅 松田和久[境](元広島)
右翼 岩垣二郎[鳥取一中](元黒鷲軍)

▲土井垣武


 歴代1位の949試合に登板し、歴代2位となる通算350勝を記録。その驚異的なスタミナから「ガソリンタンク」と呼ばれた米田を筆頭に、小林繁(由良育英、元阪神ほか)、川口和久(鳥取城北、元広島ほか)、角盈男(米子工、元巨人ほか)、能見篤史(鳥取城北、阪神)など、投手陣は人材が豊富。

 しかし、一方で野手は新しい顔が少ない。強打者・土井垣、守備の名手・中河、プロ野球で初めて本塁打を打った藤井が中心となる。


大野と梨田がタッグ
バッテリー力は抜群


投手 大野豊[出雲商](元広島)
捕手 梨田昌孝[浜田](元近鉄)
一塁手 清水秀雄[米子中](元中日ほか)
二塁手 石橋貢[大社](元大洋ほか)
三塁手 小室光男[松江商](元西鉄)
遊撃手 梶谷隆幸[開星](DeNA)
左翼 清水雅治[浜田](元中日ほか)
中堅 石谷訓啓[大田](元大毎ほか)
右翼 伊藤光四郎[大社](元西鉄ほか)

▲梨田昌孝


 エースは43歳まで広島の現役を続けた鉄腕・大野。同じく広島でエースを務めた佐々岡真司(浜田商、元広島)、現役メジャー・リーガーの和田毅(浜田、カブス)もいる。

 充実の投手陣の球を受けるのが強肩の梨田。さらに、昨年2000安打を達成した谷繁元信(江の川、中日)が後ろに控えるなど、抜群のバッテリー力を誇る。

 野手はやや層が薄い印象を受けるが、現役からは昨季ブレークを見せ攻守でDeNAをけん引する梶谷隆幸が入った。


先発から救援まで充実のラインアップ

投手 藤本英雄[下関商](元巨人ほか)
捕手 有田修三[宇部商](元近鉄ほか)
一塁手 遠井吾郎[柳井](元阪神)
二塁手 高木豊[多々良学園](元大洋ほか)
三塁手 嶋村一輝[宇部商](DeNA)
遊撃手 芦岡俊明[岩国工](元ロッテ)
左翼 戸倉勝城[豊浦中](元阪急ほか)
中堅 岡村隆則[柳井](元西武)
右翼 森永勝也[柳井商工](元広島ほか)


 投手陣は200勝を挙げ、日本プロ野球界で初めて完全試合を達成した藤本、剛腕・池永正明(下関商、元西鉄)、御園生崇男(山口中、元阪神)らエース級がズラリと並ぶ。左腕には宮本和知(下関工、元巨人)、抑えには「炎のストッパー」津田恒実(南陽工、元広島)、河本育之(田布施工、元ロッテほか)らがいる。

 打線は、俊足巧打の高木がリードオフマンを担い、戸倉、遠井、森永がクリーンアップを打つ。そのほかにも勝負強い打者がそろう。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング