週刊ベースボールONLINE

野球人&ファン300人 歴代最強チームはこれだ!

第4位 マシンガン打線と大魔神!1998年横浜ベイスターズ(17票)

 


シーズン成績:136試合 79勝56敗1分 勝率.585/監督:権藤博

球団史上最強!権藤マジックで歓喜のV


▲38年ぶりのリーグ優勝、日本一に導いた権藤監督。自由な野球で横浜ナインの才能を引き出した


 38年ぶりの優勝を果たした98年の横浜ベイスターズは投打がかみ合った、球団史上最強のチームだった。

 その象徴が打ちだすと止まらない“マシンガン打線”と絶対的守護神の佐々木主浩

 権藤博が監督となり、バントなどの細かい野球はほとんどせず、奔放に打ちまくるスタイルがチームにはまり、その勢いは誰にも止めることができなかった。本塁打こそ多くはなかったが、つないでつないで得点を稼ぐ抜け目のない打線。それが、マシンガン打線だった。

 その強さを象徴する試合が7月5日のヤクルト戦(藤崎台)の1イニング全員安打、12日の中日戦(帯広)の9回裏に6点差を追いつく引き分け、15日の巨人戦(横浜)の0対7からの大逆転だ。さらに26日の阪神戦(甲子園)で16対4と大勝すると、これで10連勝。

 チーム打率.277のリーグ最強打線は勝負強さも光っていた。“満塁男”こと駒田徳広をはじめ、満塁時のチーム打率は.380。チャンスを確実にモノにする強さも相手チームにとっての脅威となった。

 投手陣では、流行語にもなった「ハマの大魔神」こと佐々木が9回にどっかりと座り、「佐々木につなげ」を合言葉に先発、中継ぎも奮闘した。2ケタ勝利を挙げた野村弘樹斎藤隆三浦大輔をはじめとする先発陣が6、7回まで投げれば、中継ぎの島田直也五十嵐英樹横山道哉が踏ん張り、佐々木につなげる勝ちパターンが確立され、相手打者が「佐々木の前に得点を」と焦るあまり、打ち急ぎかえって横浜投手陣の術中にはまるケースが多かった。

▲日本一決定時にも胴上げ投手となった佐々木。絶対的守護神の存在が相手チームの脅威となった



 6月から首位に立ち続けた横浜だが、8月に入ると足踏み。ついに2位・中日に1ゲーム差まで詰め寄られると、迎えた9月4日からの中日との天王山は最大の山場となった。ここで頼りになったのが佐々木の存在だ。3連投で接戦を制し、3連勝するとチームは息を吹き返し、最後は2位・中日に4ゲーム差をつけてリーグ優勝を果たした。

 日本シリーズは東尾修監督率いる西武との対戦。パ・リーグからの提案を受け、日本シリーズ史上初めて予告先発で行われたシリーズでもあった。

 第1戦の初回から横浜が魅せる。先頭打者の石井琢朗がバントヒットで出塁するとすかさず盗塁。3回にも盗塁を決めると波留敏夫鈴木尚典、ローズの3連打で3点を奪い西武先発の西口文也をKO。第2戦は斎藤の完封。第5戦では20安打17得点とマシンガン打線が火を噴き圧巻の勝利など、足を生かして相手を揺さぶり、連打で得点するという、リーグ戦同様の戦いで日本一を手にした。チーム一丸で戦い抜いた横浜からは、6人もベストナインに選ばれるなど、圧巻の強さだった。

[1998年ベストオーダー]



[打順]
1. 石井琢朗
2. 波留敏夫
3. 鈴木尚典
4. ローズ
5. 駒田徳広
6. 佐伯貴弘
7. 谷繁元信
8. 進藤達哉
9. 斎藤隆

[主な投手陣]
斎藤隆
三浦大輔
野村弘樹
川村丈夫
島田直也
佐々木主浩

【投票者&コメント】
川崎憲次郎 (ロッテ) 切れ目のないマシンガン打線は投げていてきつかった。気が抜けなかったね
森福允彦 (ソフトバンク) マシンガン打線。鈴木尚典さん、石井琢朗さん、ローズ……。小学生でしたけど、打ちまくってるイメージですね
柳田悠岐 (ソフトバンク) あれですよ、マシンガン打線じゃないッスか。ものすごく打つイメージです
原拓也 (オリックス) マシンガン打線で優勝した印象がすごい記憶に残っている。抑えに佐々木さんもいて投打のバランスが取れていた
T-岡田 (オリックス) マシンガン打線。打線がつながって投手陣は先発、中継ぎとしっかりして抑えが佐々木さん。タレントがそろっていた
川端崇義 (オリックス) 石井琢さんから始まるマシンガン打線。先発、中継ぎ、抑えと各部門に選手がそろっていた
阿波野秀幸 (巨人) マシンガン打線。(石井)琢朗から始まってね。投げていてあんなに頼もしいと思った打線はない(98〜00年に横浜在籍)。5点差をひっくり返したりもよくあった
井端弘和 (巨人) 石井さん、鈴木尚さん、ローズ、佐伯さん……。マシンガン打線のときの横浜。つながったら歯止めがきかなかった
橋本到 (巨人) マシンガン打線のとき。その中でも「四番・ローズ」の印象が強いです。石井琢朗さんの打撃フォームをマネしたりもしていました
大島洋平 (中日) 打ちまくるマシンガン打線は印象的です。谷繁さん(現中日兼任監督)、波留外野守備走塁打撃コーチ、佐伯二軍監督らの活躍が強烈です
福谷浩司 (中日) マシンガン打線はよく打つので、ゲームでもよく使ってました。谷繁兼任監督、波留外野守備走塁打撃コーチ、佐伯二軍監督の活躍が印象的です
高城俊人 (DeNA) やっぱりマシンガン打線をはじめとしてすごく印象が強いチームだと思う
桑原将志 (DeNA) 動画サイトなどで当時の映像をよく見ている。石井(琢朗)さん、波留(敏夫)さんの一、二番コンビは特に気持ちが盛り上がる
黒羽根利規 (DeNA) 神奈川県出身なので当時のチームを球場で見ていたので盛り上がりを知っているし、投打ともに強かった
松本啓二朗 (DeNA) いろいろな強いチームがあるけどパッと思い浮かぶのがこの年。インパクト
梶谷隆幸 (DeNA) 大魔神・佐々木さんもすごいですけど、自分は野手なので特にマシンガン打線にあこがれる
中村悠平 (ヤクルト) マシンガン打線。福井に横浜対ヤクルト戦の試合が来て観に行きました。とにかく打ちまくって強い、という印象

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング