週刊ベースボールONLINE

2014タイトルウォーズ

奪三振王独走の阪神メッセンジャー 配球面の変化

 

フォーク系を内角低めに
研究の成果を証明へ




 阪神の歴代助っ人記録を塗り替えたメッセンジャー。50年ぶりにバッキーが持っていた200奪三振の記録を上回った。先発ローテーション制度が確立された今、200の大台を超えた選手は数少ない。奪三振マシーンと化した右腕は、配球面である試みを行っていた。

 それは内角低めにスプリットを落とす――。本来、フォーク系のボールは真ん中のゾーンから低めに落とすのがベストとされてきた。昨年までのメッセンジャーもそうだった。だが昨オフ、コースに主眼を置いて内角に投じた場合のメリット、デメリットを研究した。

 効果として、打者は内角低めにボールを落とされると視界から完全に外れて死角になる。

「外のボールだと当てられて粘られるケースが多かった。だからインサイドに落としたら打者は当てづらいし、空振りを奪えると思ったんだ」と明かしたメッセンジャー。

 関川打撃コーチも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング