週刊ベースボールONLINE

特集・今年生まれた10の記録 その真相に迫る!
西武・秋山翔吾はイチローに迫れたのか?

 

今年、歴代3位タイの31試合連続安打を放ち、シーズン最多安打216も打ち立てた秋山翔吾(西武)。チームのトップバッターとして十分な働きを見せたが、21年前、オリックスのリードオフマンとして安打を積み重ねた男がいた。3年目のイチロー。彗星のごとく現れた男は210安打をマークして、今や世界のイチローとなった。安打量産に欠かせない“3要素で”、両者を比較してみよう。



ボールを的確にとらえ広角に記録した安打


 世界の安打製造機が興味を示した。マートン(阪神)が2010年にマークしたシーズン最多安打214を更新する216安打を10月1日のオリックス戦(京セラドーム)で放った秋山翔吾。自らが1994年に記録した日本人シーズン最多安打210をも上回る大記録に、イチローは(マーリンズ)は「いい選手のプレーは見てみたいですよ、いつだって」とつぶやいた。

 メジャー・リーグの世界でも安打でファンを魅了した男は、自身の記録について「いずれ誰かが超えるだろうと思っていました」とも言った。イチローが記録を達成した当時の試合数は130。その後、少しずつ増え続けて07年からは144、そして今年は143試合制だった。94年のイチローの安打数を143試合に換算すると231だから、あらためて背番号51の偉大さが浮かび上がる。

 とはいえ、秋山の記録が色褪せるわけではない。昨年まで13年に残した152安打が自身のシーズン最多だった秋山は今年、飛躍的に数字を伸ばした。その打撃を分析すると以下の3つの要因が挙げられるが、それは94年のイチローにも当てはまるストロングポイントだ。

 1つ目は広角に安打を積み重ねられるようになったこと。



 昨年までは秋山の左翼+左中間方向への安打は29.3%だったが、今年は34.3%へ上昇。「ボールの内側をたたくこと」に取り組み、その結果、左方向へ強い当たりが飛ぶようになった。イチローは右翼方向への安打が34.3%と最も割合が高いが、左翼へも25.2%と低くはない。この成績で秋山とイチローの差異といえば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー