週刊ベースボールONLINE

特集・今年生まれた10の記録 その真相に迫る!
西武・中村剛也 世界の王を超えた通算16本の満塁弾

 

今季、6度目の本塁打王に輝いた中村剛也(西武)。通算でも300本を超え、球史に残るアーチストだが満塁でも抜群の力を発揮する。今季、満塁で4アーチを放ったが、通算でも16本を数え、王の15本塁打を抜き去り、史上1位に躍り出た。「ごちそうだ」とばかりに満塁でペロリとランナーをたいらげる、おかわり君。満塁本塁打の軌跡をたどる。

満塁のチャンスにHRの意識はない


「ほぼ会心ですね」

 誰よりも本塁打を追い求める男が、静かに言った。8月9日、オリックス戦の8回二死満塁。塚原頌平が投じた外角144キロ直球にバットを振り抜くと、打球は京セラドームの左翼5階席へ。推定飛距離140メートルの特大弾は王貞治を超えて、歴代1位の16本目の満塁アーチとなった。



 中村の満塁デビューは2003年のことだ。死球を選んで押し出しだったが、続く04年は4打席に立ち安打は出ずに1死球。初めて一発が飛び出たのは05年6月26日の楽天戦(長野)。紀藤真琴から左中間へ運んだ一撃だった。ちなみにこれが満塁での初安打。最初から満塁弾と縁があったことになる。9月11日のロッテ戦(インボイス)でも黒木知宏から満塁弾を放ったが、結局この年満塁で放った安打はこの2本のみだった。そこから今年まで16本を積み重ねたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング