週刊ベースボールONLINE

特集・今年生まれた10の記録 その真相に迫る!
巨人・高木京介“デビューから139戦無敗男”に迫る!

 

デビューから4シーズン、いまだに1つの黒星も経験していない。ここでは負けない男・高木京介の本当のチーム貢献度を調査。目指すべき理想の姿も見えてきた。

ポスト山口鉄也へ――


 デビューの2012年から、今季終了まで139戦無敗の巨人・高木京介にとって、高橋由伸新監督就任は転機となるかもしれない。これまで置かれてきた立場に納得していないからだ。



 15年5月14日の広島戦(東京ドーム)で、元阪神桟原将司が持っていた『デビューから連続登板機会無敗』記録を117に更新しても浮かない表情。リードを許した場面での登板で、チームは敗戦、「記録は勝敗(勝利)に関係のないポジションで登板しているから」と逆に危機感を募らせていた。



 本人の実感を裏付けるのが下図。高木京登板試合のチームの勝敗を表したもので、12年は5割以上の勝率も、今季は2割台へ。セ3連覇中の12〜14年は、「山口鉄也マシソン西村健太朗」の3人が、今季は「澤村拓一」が加わり勝ち試合の7、8、9回に固定されてきた事情もある。



 左腕枠は8年連続60試合登板の山口で、上図欄外に示したとおりの成績。同期間の勝率は.784で、高木京はこの牙城を崩せずにいた。ただし、来季33歳を迎える鉄腕も成績は下降気味。今季の高木京の防御率2.20は、山口の同2.73を上回る。来季は新生・巨人で、ポスト山口に名乗りを上げられるか。

 なお、高木京の無敗記録は“デビューからの”の注釈つき。その上には、柴田佳主也が打ち立てた235試合がある。目指すべき頂は、どちらも険しい。


近鉄時代の柴田佳主也。近鉄で214、日本ハム3、阪神9、ダイエー9と連続無敗を重ねた

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング