週刊ベースボールONLINE

特集・真の「黄金世代」を探れ!
特別対談 則本昂大×西勇輝 投球論を熱く語り合う!

2016年1月14日(木) 16:00 

意識せずにはいられない――。ともに1990年生まれの2人は、プライベートでも親交が深く、シーズン中でも投球談議を交わすことがある。互いの登板は欠かさずチェックしているというが、それは、自身の成長に加え、“同世代”への対抗心の現れでもある。
取材・構成=鶴田成秀、写真=佐藤真一、BBM、取材協力=大津プリンスホテル

理想の直球は同じ


負けたくない。その強い思いは、互いを認め合っているからこそ。直球でダイナミックに押す則本と、キレと制球力が持ち味の西。2人の武器は異なるが、追い求める理想の直球は同じだった。

則本 同級生って意識する?俺はめっちゃしてるけど。俺は大学に行ったから、高卒でプロ入りした西とか、ウチ(楽天)の辛島(航)や西武の浅村(栄斗)とかが先に結果を出していて、めっちゃ気になっていたけどね。

西 どうやろ。でも、俺はノリ(則本)とか同級生の投手が出てきてうれしかった。刺激し合えるというか。

則本 第一印象って覚えている?俺は三重の大学(三重中京大)だったから、大学時代に高校野球の県大会を見ていたときに「西投手が凱旋しています」みたいな映像が流れて「おいおいおい!なんやコイツ!でかい顔して!」って思ったけど(笑)

西 ハハハ(笑)。あったな。球場に見に行っていたときか。

則本 でも、プロに入ってから何度か話して仲良くなって。お互いを意識しながら高め合って。俺も同世代の存在はうれしいというか、楽しいな。

西 (則本がプロ入りした)2013年は話をしたことがなかったから、俺はファンと同じようにノリを見ていただけだったけどね。

則本 なんでや?同じ選手やんけ。

西 楽天が優勝した後は日本シリーズを見ていただけやもん。

則本 そっか、そっか(笑)。

西 日本シリーズで抑えて、スゲーなコイツ。中継ぎでも出てきて、しかも抑えて“エグッ”って。

則本 でも、13年は2回も投げ合っているけどな(結果は則本の2勝)。

西 あのときは全然、意識していなかったもん。

則本 マジで?俺は同学年って知っていたから意識していたけどね。まあ、今ほどではないけどな(笑)。

西 今はめっちゃ意識してる。「よっしゃ勝った!」「ああ負けた」みたいな。ノリのほうが成績良かったし、負けないように必死だった。ノリと投げ合うときは全部ロースコアだし。

則本 良い試合が多いよな。

西 去年(6月23日)も3対0(オリックスが勝利)。

則本 しかも俺と投げ合うとき、めっちゃスピード出すやん!めっちゃ速い。

西 ハハハ(笑)。まあ実際、ノリと投げ合うときは力入るから(笑)。



則本 スピードもそうだけど、キレがハンパない。

西 ゲージが上がるんだと思う(笑)。てか、ノリのほうが速いやん。最速157キロやろ。球速を5段階評価すればお前はMAXの5やもん。俺は3。ノリはスピード表示+パワーがある。フォームもダイナミックやし、馬力が違う。

則本 157キロは日本代表(昨年のプレミア12)だったからやん。シーズンは別。俺が5段階で5はないな。

西 お前が5じゃないなら、ほかの投手はどうなるんって思うわ。

則本 それなら大谷(翔平・日本ハム)とか藤浪(晋太郎・阪神)は6やな。あいつら飛び抜けている(笑)。

西 でも、俺はお前のほうが速いと思うわ。質が違うもん。あいつらは手足が長い。だから、お前はパワーがあるってことよ。というか、そもそも球速って意識してる?俺は意識してない。基本的に1試合全体で力を使い切る計算で投げているから。

則本 意識してないことはないけど、それよりも、やっぱりボールの質やな。前に弾かれない真っすぐが理想。カウントが悪くなっても真っすぐでカウントを稼げるのが一番だと思っている。

西 一緒や。それが理想だよね。真っすぐで見逃しを取れたり、ファウルでカウントを取れたり。でも、この質って数字で測れないし。何て表現すれば良いんかな?キレ?

則本 確かに数字では測れんな。ベンチで横からボールの軌道を見て、パーンってボールが走ってスピード表示を見ても142キロとかだったりするやん。ガンおかしいんちゃう?って思うもん。だから逆に言えば、それが質というか、勢いなんだと思うけど。その勢いが西にはあるんよ。

西 そうなんかな?

則本 変化球ありきだけど、ウチ(楽天)の打者はみんな西の真っすぐに差し込まれている。

西 ああ、その印象あるわ。

則本 それって、やっぱり数字以上の威力があるってことやろ。



成長のカギは変化球


多彩な変化球を持つ2人だが、変化球はあくまで、真っすぐを際立たせるためのボールだという。そんな中でも2人が、大事にしている球種がカーブだ。投球の幅を広げ、新たな投球スタイルを探し続ける姿勢を崩すことはない。



則本 そもそも真っすぐと変化球の割合ってどう考えてる?

西 う〜ん。俺は真っすぐ主体の変化球。真っすぐがなかったら変化球が生きないもん。

則本 俺もそう!よく技巧派タイプのピッチャーの方が「俺は速球派投手」って言っているのを聞くけど、それくらいピッチングでは真っすぐが大事だと思う。あくまで変化球は真っすぐがあってこそ。

西 俺も聞いたことあるわ。だからノリのカーブも生きるんだよな。相手をコケにするようなカーブ(笑)

則本 ハハハ(笑)。あれが決まるとマジで最高やで!

西 150キロを超える真っすぐがあって、あのカーブを投げられたら、たまったもんじゃない。あとスライダーな。ギューンと曲がるんじゃなくて「キュッ、キュッ」と曲がる。刃物で切った感じ。明らかなボール球で空振りを取れる。そういうスライダーもあり、チェンジアップがあってワンバウンドのフォークもある。それで変化球を意識させておいて、真っすぐが高めに抜けても空振り三振!みたいなね。

則本 あるある(笑)。

西 変化球が良いとボール球の真っすぐも振っちゃうもんね。

則本 で、俺の変化球を5段階評価するといくつよ?

西 4.5やね。

則本 ヨッシャー!(笑)

西 5じゃないのは、たまに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー