週刊ベースボールONLINE

2016シーズン展望
戦力分析・阪神 若手たちが大暴れの予感

 

投手&守備力


 金本新体制により、野手陣に注目が集まっているが、それも投手陣が安定しているからだ。先発は藤川を入れ5番手までが確定し、5人全員が順調な調整を行っている。6番手を秋山、岩崎、岩貞で争っていたが、岩崎、岩貞が現在ケガで調整中。そこに調子が上がってきた榎田も参戦。シーズンは調子のいい投手から使っていく方針だ。

 中継ぎは8回のセットアッパーが決まっていないものの、福原、安藤、高宮、高橋、島本と全員が好調を維持。試合状況により、その場に的確な投手がマウンドに上がる。一番の課題は抑え。新加入のマテオとなりそうだが、呉昇桓のような安定感があるのか?それだけが不安材料だ。

打撃力&機動力


 決定事項は「四番・ゴメス」のみ。レギュラーの鳥谷、福留もどの打順に入るかは流動的だ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング