週刊ベースボールONLINE

2016キャッチャー特集

野村弘樹氏が解説 DeNA新人捕手・戸柱恭孝のリード術

 

昨季、リーグワーストだったチーム防御率がリーグトップにつけるDeNA。投手陣の立て直しに貢献しているのが戸柱恭孝の存在だ。かつて横浜の左腕エースとして1998年の優勝を知る野村弘樹氏に、新人捕手の優れている点、課題を聞いた。
取材・構成=滝川和臣、写真=小山真司、BBM

のむら・ひろき●1969年6月30日生まれ。広島県出身。PL学園高で甲子園春夏連覇を達成し、1988年ドラフト3位で大洋[現DeNA]に入団。以後、大洋・横浜で左腕エースとして活躍、1998年には日本一への原動力となった。現役引退後は同チームでコーチを務めた後、現在は野球解説者を務める傍ら、桜美林大の特別コーチとしても指導にあたる


捕手の仕事で大切なコミュニケーション力


 防御率リーグトップの要因には、戸柱恭孝の貢献があると思います。投手の目線からすれば、ルーキー捕手はとにかく心配なんです。「コイツで大丈夫かな……」という不安がつきものです。しかし、大学、社会人での経験があるからなのか、戸柱はどっしりとした印象。打者に対してのリードもそうだけれど、投手を引っ張りながらリードができる。年下、年上と関係なくコミュニケーションを取れる積極的な性格を持ち合わせていて、先輩投手でもしっかりと話をしているようです。少しオッサンくさいくらいの雰囲気のほうがちょうどいいんです(笑)。光山英和バッテリーコーチは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング