週刊ベースボールONLINE

無敵の若鷹軍団特集

黄金時代の条件…球史に残る“最強チーム伝説”

 

過去、黄金時代を築き上げたチームはいくつかあった。その伝説を追いつつ、黄金時代の条件を探っていきたい。

1965-73 巨人


ON+川上采配でV9の長期黄金期


 史上最強チームはどれか──。

 プロ野球ファンが何度なく話題にしてきたテーマだ。時代が違う以上、実際に答えが出せるものではないが、あれこれ考えるだけで楽しい。

 時代を追っていこう。戦前戦中の1リーグ時代は、まず巨人とタイガース(阪神)の戦いから始まった。当初は景浦将西村幸生ら大学出身(中退含む)の猛者がそろったタイガースが優位だったが、昭和13年(38年)入団、川上哲治千葉茂らの、いわゆる“花の13年組”の加入以降は巨人が徐々に引き離し、38年秋から6シーズン連続優勝(39年から1シーズン制に。38年の年度優勝は阪神にさらわれているので、5シーズン連覇か)。名将・藤本定義監督の下、「第1期黄金時代」と言われる。

 1950年からセ、パの2リーグとなり、幾多の“最強チーム”が登場したが、黄金時代の定義を「3年連続日本一」にするのが分類としては分かりやすいだろう。長いペナントレースを勝ち抜く力、そして運も左右する短期決戦の日本シリーズを3年連続で制覇する力を持ったチームということだ。

 最初は、1951年からの巨人。水原茂(一時期、円裕)監督の下、3連覇を果たしている。巨人と言えば、V9に代表される緻密な野球の印象が強いかもしれないが、このときは完全に“サムライ野球”だ。節制などクソ食らえの、麻雀三昧。エースは登板が少ないと「これじゃ、給料は上がらん。投げさせろ」とほえる別所毅彦。一塁には打撃の神様・川上、セカンドには猛牛・千葉、外野にはジャジャ馬・青田昇、俊足と野球知識で日本球界に革命を起こした与那嶺要らがいた。日本シリーズでは、すべて鶴岡一人監督(当時山本姓)率いる南海を叩きつぶし、「第2期黄金時代」と言われる。

1951-53 巨人


 次に黄金時代を築いたのが、巨人を追われるように去った三原脩監督率いる西鉄ライオンズ(現西武)だ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー