週刊ベースボールONLINE

特集・遊撃守備バイブル

日本ハム・中島卓也に聞く遊撃手論「とにかく一歩目! そこで勝負は決まる」

 

フットワークの軽やかな鉄壁の守備で2014年から不動のレギュラーに定着している中島卓也。派手さはないが、この若きショートストップが守り勝つファイターズの野球を支えている。
取材・構成=松井進作、写真=柳原裕介

自分の経験と“第6感”を研ぎ澄ませて



 ショートを守る上で最も大切なのは最初の“一歩目”です。インパクトの瞬間にどれだけ瞬時に打球に反応できるか否か、そこで勝負は決まると言っても過言ではありません。少しでも遅れたり、ファンブルしてしまうとセーフになってしまいますからね。それだけに普段の練習から一歩目の反応、動き出しを意識することが上達の近道だと思います。

 守っているときの構えは最初はフラットに立って、ピッチャーが足を上げた瞬間に軽く飛んで左足を前に出すのが僕の守り方です。もちろん両足を揃えて守ってもいいですし、自分が一番しっくりくる守り方でいいと思います。ほかに守る上で意識していることは、とにかくピッチャーが打ち取った打球を確実にアウトにすることです。ファインプレーはいらないですし、堅実な守りこそがショートに求められている一番の役割だと僕は考えています。まあ、見ている方としては地味であんまり面白くない選手だと思われているかもしれませんが(笑)。

 ショートの見せ場の1つにダブルプレーがありますが、これはコンビを組むセカンドとの呼吸がかなり大きな要素を占めます。特に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング