週刊ベースボールONLINE

優勝間近!広島カープ大特集

広島の元指揮官 マーティ・ブラウン氏に直撃!「私は広島が大好きだ」

 

現在の広島は、中継ぎ、抑え投手陣が大きな力となり首位を快走中。以前の広島は先発完投型のチームだったが、それを変えたのが2006年に監督に就任したマーティ・ブラウンだ。4年間の在任中Aクラス入りは1度もなかったが、現在の広島投手陣の礎を築いた存在ともいえる。そのブラウン氏が、25年ぶりの優勝へ向けひた走るカープにエールを送り、当時のことを振り返った。
取材・構成=奥田秀樹、写真=BBM



完投型投手陣から役割分担の投手陣へ


 監督として契約して日本に来たとき、球団からはこれまでカープがやってこなかったことをどんどんトライしてほしいと言われたんだ。カープの野球を変えるために私が採用されたんだともね。だからまず、投手の起用法を変えなければと思った。例えば完投数が極めて多かった黒田博樹についてもそう。黒田は終盤疲れてきて70%の力しか出なくても、ブルペンの誰よりもいいボールを投げられたし、完投が普通だった。しかし、優勝したいのならそれは賢明な考え方ではない。投手陣全員に、それぞれの役割を明確にし、自分の立場を理解してもらい、みんなで戦っていかねばならない、と伝えた。

 私は、黒田をキャプテンに任命し、黒田自身も私を信じ、投手起用についての新しい考え方を理解しようとしてくれた。彼とは何度も話し合ったし、キャプテンとしてチームを引っ張ってくれた。ただ、彼が自分のことについて、ああしてほしいこうしてほしいと要求してくることはなかったね。いつもチームのためにと考え、どうすれば若手の力を引き出せるかなど、相談に乗ってくれた。

就任後、投手陣再編に着手するとき、まず当時の大エース・黒田を主将に任命し何度も話し合うなど、信頼関係を築いた


 新井貴浩もそうだった。私の日米合わせて22年間の監督生活の中で、彼ほどチームの勝利を一番に考える選手はほかにいない。日本に来たばかりのころ、私に日本文化について一生懸命に説明してくれようとしたことを思い出すよ。今年、カープが強いのはこの2人の存在が大きいのだと思う。今年MLBでも、レッドソックスはデビッド・オルティーズ、レンジャーズにはエイドリアン・ベルトレという人格者であるベテランがいて、若手を引っ張って強いチームにしている。それと同じだと思うね。

当時の四番・新井はブラウン氏の野球人生の中で一番チームのことを考えていた選手。今はベテランになった新井と黒田のような人間的に素晴らしいベテラン2人がいる広島は強い


育成には時間の限界が。野球思考に変化を与えた


ブラウン氏は、レッズのファームで育成を受け、メジャーに昇格。レッズは、資金力に物を言わせてFAで大物選手を獲得することはできないチーム。ドラフトで有望選手を指名しファームでじっくり育成する球団なのだ。その点では広島と似たチームの出身で、監督として育成に関してはある考えを持っていたのだが……。

 その点について、私もいろいろ考えたことはあった。しかし日本のドラフト制度はMLBとはまったく違うし、育成面についても日本だと傘下のマイナーは1チームしかないため、同じようにじっくり育てていくというわけにはいかなかった。思いどおりにならなかった。ただ、今年のカープの主力を見ると菊池涼介田中広輔松山竜平丸佳浩など、ドラフトで獲得した選手たちが育ち、中心選手になっていて、良いチームになっているよね。

 当時から広島は、練習熱心なチームだった。野球で大切なのは、頭を使うことだと思っている。だからキャンプ地の日南では、延々と素振りを続ける代わりに、スポーツ心理学の本をみんなで読むことをやったね。日本に野球がもたらされたとき、当時のアメリカ人が教えた野球のやり方、考え方を、日本の人たちはいつまでも続けている印象を私自身受けたからね。しかしながらアメリカでは、どんどん野球は変わっていっているし、新しい取り組みをしている。カープもそうであってほしいと考え、導入したんだよ。

 そういえば、私が監督時代に前田健太(現ドジャース)を獲得したんだが、そもそもあの若さで、あんなにコントロールのいい投手は見たことがなかった。私は彼に自分なりに考え、例えば投球練習で、もうこれ以上投げたくないなら、「NO」でいいよと、自分で考えて賢くやってくれと指示した。コーチ陣も無理強いすることはなかった。それを彼が受け入れてくれたことは大きかったね。

素晴らしい人たちがいる広島は第2の故郷


ブラウン氏は監督としては退場が多かったほうだ。そのような中で、実は緒方孝市現監督が選手時代に退場になるのを救ったこともあったという。そんな緒方監督が率いる広島にマジックが点灯。街が沸き立つ様子が目に浮かぶという。

 それは、選手を守るのが監督の務めだから当然さ。選手を失うくらいなら、自分が退場になったほうがましだからね。緒方のときのこともよく覚えているよ。ただ、その考えは、終始一貫していた。おかげでよく退場になったよ(笑)。監督として4年間いい成績は残せなかったけど、私は広島が大好きだ。どこでも住みたい街を選んでいいというなら、生まれ故郷の次に、広島を選ぶ。選手時代、監督時代ともに素晴らしい人たちにたくさん出会えたからね。

 だから今、広島の人たちや街がカープの優勝争いに沸き立っているのは本当にうれしいことだよ。近々日本に行く予定があるから、おそらくカープの試合にも足を運ぶと思う。そのときには、選手たちの姿を見るのを楽しみにしているよ。

PROFILE


マーティ・ブラウン●1963年1月23日生まれ。アメリカ・オクラホマ州出身。ジョージア大から85年にドラフト12巡目でレッズに入団。88年にメジャー昇格。ユーティリティー選手として一塁、三塁、外野を守った。92年に広島に移籍。広島でも内外野を守りながら3年間プレーし退団。2006年から4年間、広島の一軍監督として指揮を握った。4年間すべてでBクラスだったが、明るいキャラクターもありつつ、審判への猛抗議などで人気は高かった。10年は楽天の監督も務めたが、1年限りで退任。現在はナショナルズの環太平洋コーディネーター。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング