週刊ベースボールONLINE

新春スペシャルインタビュー

オリックス・吉田正尚インタビュー まだ見ぬ“頂”へ 「向上心を忘れず、常に上を目指し魅力ある選手になっていきたい」

2017年1月6日(金) 17:00 

期待せずにはいられない。吉田正尚、ルーキーイヤーの2016年シーズン。故障復帰した8月以降に10本塁打とアーチを量産、11月末から台湾で行われたウインター・リーグでは、全18試合で30安打、57塁打、29打点、6本塁打、打率.556と打撃5冠に輝いた。それでも見据える先は、まだ見ぬ“頂”――。身長173センチと小柄ながら豪快なスイングで周囲を魅了する、2017年期待の若武者が、“小さな大打者”へと歩みを進める。
取材・構成=鶴田成秀、写真=松村真行(インタビュー)、BBM


打撃の幅を広げるために


充実感が滲み出ていた。11月末から約1カ月の間、台湾で行われたウインター・リーグから帰国した翌日。インタビューの席に着いた吉田正尚は、プロ1年目を振り返り、笑顔を見せた。ただ、決して満足はしていない。ルーキーイヤーで得たものは課題だけだったという。

──シーズン終了後もフェニックス・リーグに参加、秋季キャンプ、そしてウインター・リーグに出場と、オフ返上の日々を過ごしました。プロ1年目は、どんな1年でしたか。

吉田 あっという間に過ぎましたが、濃い1年でした。シーズンの課題をフェニックスで確認し、キャンプで修正して、またウインター・リーグで確認できて。そこでまた、課題も見つかりましたし。実戦の場は限られているので、実戦経験を多く積めたことはよかったです。

──開幕前に「1年目は、とにかく必死にやるだけ。そこで何を得られるか」と言っていました。収穫はありましたか。

吉田 収穫は何もないですね。得たものは課題ばかりです。

──ウインター・リーグでは打撃5冠の好成績。それでも収穫はない?

吉田 はい。走攻守すべてで、まだまだ。打撃に関しては、細かく求めていきたいところが、いっぱいあるんですよ。

──細かく求めていきたいこととは。

吉田 自分の中では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング