週刊ベースボールONLINE

2017ドラフト特集
2017ドラフトの見どころ 「運命の日」を探る 超先取りチェック!! 「清宮ドラフト」はこうなる!?
2017ドラフトの見どころ

2017年1月19日(木) 17:01 

2017ドラフトの見どころ1月もすでに中旬を過ぎ、各チームが新シーズンへ向けて動き出している。同時にNPB球団は全国津々浦々にスカウトを派遣し、あいさつ回りや選手視察に追われている。プロを目指す有力選手にとっては、この冬場が勝負の時期。5つの視点から2017ドラフトの見どころを探る。

見逃すな!! ドラフト注目ポイント


1 清宮幸太郎[早実]の決断は!?
2 履正社高から新スター誕生!!
3 「清宮効果」でスラッガー豊作!!
4 東大史上初のドラ1なるか!?
5 高卒3年目、社会人投手の台頭!!

ドラフトを楽しむ5つのキーワード


 年明けからアマチュア球界におけるメディアの露出度は、早実・清宮幸太郎がほかを圧倒している。というより、2015年4月の高校入学以降、そのフィーバーはとどまるところを知らない。1月27日には第89回選抜高校野球大会の選考委員会が控えている。早実は昨秋の東京大会で11年ぶりの優勝。4強に進出した1年夏以来、自身2度目となる甲子園出場は確実視されており、球春到来とともに、通算78本塁打のスラッガーは、さらに脚光を浴びることだろう。

早実・清宮は高校通算78本塁打の怪物スラッガー。早くも1位指名での競合もウワサされている大物は、主将としてもリーダーシップがある


 入学3年目は“その時”が迫ってきたことを意味する。つまり、清宮の進路決断。早実は早大の系属校であり、大学進学が既定路線だが、清宮の場合は“特例”が適用されるかもしれない。もちろん、プロも黙っていない。その決断に野球ファンのみならず、メディア、球界関係者も注視している。

 東日本を代表するスラッガーが清宮ならば、西の強打者は履正社高・安田尚憲である・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー