週刊ベースボールONLINE

同級生・必勝リレー対談
DeNA・山崎康晃×石田健大 同級生・必勝リレー対談「15勝、40セーブでVは近づく!」

 

今季、横浜DeNAベイスターズ躍進のカギは投手力の安定にある。先発では石田健大、リリーフでは山崎康晃が中心となり、19年ぶりのセ・リーグ優勝を狙う。チームの原動力となる左右の両輪は、同学年の同期入団。そんな若い2人が2017年の展望を語り合ってくれた。
取材・構成=滝川和臣、写真=小山真司、BBM

初対面は大学時代プロでチームメートに


宜野湾キャンプの練習後、先にインタビュールームに現れたのは山崎康晃。約束した時間の10分前だった。石田健大がまだ来ていないのを確認すると「呼んできますよ」とロッカーへ向かい「ケンタぁ〜」と声をかけるのが聞こえてきた。DeNAの左腕エースと、抑えの切り札は同期入団の同学年。気兼ねのない関係であることが伝わってきた。

──初めて顔を合わせたのはいつですか?そのときの印象は。

山崎 大学ですね。そうだよね?

石田 大学の日本代表(2013年)に一緒に選ばれたときだね。


山崎 あれは3年のときでしたね。健大は1年のころから法大ですごく活躍していたので、どんな人間なんだろう?と気になっていた。僕とは違うサウスポーで、先発でバンバン勝ってたし、最初は近寄り難いイメージもあった。でも、物腰が柔らかな、誰とでもフランクにしゃべるというのが最初の印象でしたね。

石田 ヤス(山崎康晃)のことは、帝京高から亜大に進んだころから存在は知っていました。当時と今では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー