週刊ベースボールONLINE

開幕投手はこの男だ!

「3.31」を担う男たち 開幕投手候補たちの現在地

2017年3月14日(火) 11:02 

WBCに注目が集まる中、シーズン開幕の「3.31」も待ったなしで近づく。各球団の監督の多くは、すでにその日を誰に任せるのかを明確にした。開幕戦は、143分の1か、それとも……。栄光と重責を任された、そして任されるはずの男たちに迫る。

菅野智之(巨人) “世界一”を手土産に


菅野智之 対D=5試合1勝0敗、防御率1.59


 日に日に存在感が増していく。

 大谷翔平(日本ハム)不出場前から、世界一奪還を目指す侍ジャパンでもエースとして小久保裕紀監督から絶大な信頼を寄せられた。

 つまり、ペナントレース開幕1週間前(決勝進出の場合)まで日本の大黒柱としてWBCを戦うことになるが、それでも高橋由伸監督の考えは変わらない。すでに昨秋には4年連続の開幕投手を伝え、「現役でいる限り、譲りたくない」とかねてより強い思いを持つ右腕も全力で調整を行う。

 WBCでの登板に向け、例年よりも早いペースで体を作り上げ、状態は万全だ。新球・チェンジアップ習得を目指すなど、向上心の塊。WBC登板(決勝ラウンドまで3試合の先発が予定)も「ペナントレースに生かす」と前向きな姿勢を崩さない。菅野を超える存在はなく、世界一を手土産に「3.31」を迎えるのみだ。

吉見一起(中日) 背中でチームを引っ張る


吉見一起 対G=4試合1勝1敗、防御率2.22


 中日では大野雄大若松駿太の2投手が開幕投手に名乗りを挙げているが、実績では抜きん出ている。2013年に受けたトミー・ジョン手術からの完全復活を誓う技巧派右腕は昨季、チーム最多の131回1/3を投げ、不振の先発投手陣を鼓舞した。今季は森繁和監督から投手リーダーに指名され・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング