週刊ベースボールONLINE

センバツ主役を狙うスラッガー

2017春・センバツ注目打者カタログ

2017年3月18日(土) 11:01 

早実・清宮幸太郎、履正社高・安田尚憲、日大三高・金成麗生による「BIG3」に触発されるように、今センバツは好打者が多い傾向にある。例年は好投手が大会をリードする「投高打低」から一転し、2017年春は「打高投低」となるかもしれない。

バットで聖地を制圧!!「打高投低」の予感


 前年秋の公式戦から遠ざかるセンバツは、投手の“生きたボール”を見る機会が限られる(対外試合解禁は3月8日)ため、「投高打低」となるケースが多い。だが、今春は好打者が顔をそろえ、夏の甲子園と同様の快打が期待される。

 ポジション別に見ていくと、捕手では神戸国際大付高・猪田と福岡大大濠高・古賀が双璧。内野手では、小柄ながらセンスが光る仙台育英高・西巻は1年夏に準優勝を経験している。昨春のセンバツVメンバーだった智弁学園高・太田、宇部鴻城高・嶋谷は攻守で動きにキレがある。安田尚憲とともに履正社高のクリーンアップを張る若林、智弁学園高で主将を務める福元、中学時代にU-15侍ジャパンでプレーした明徳義塾高・西浦も非凡な打撃技術を持つ。

 ここまでは3年生の注目選手を紹介したが、2年生も見逃せない。来年夏は甲子園の選手権大会100回大会。スター候補筆頭は清宮幸太郎の次、不動の四番を張り、昨秋までに高校通算23本塁打の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー