週刊ベースボールONLINE

センバツ主役を狙うスラッガー「BIG3」

安田尚憲(履正社高・内野手) 究極の逆方向への引っ張り

 

取材・文=谷上史朗、写真=毛受亮介

センバツでは大会初日の第2試合で四番・金成麗生を擁する日大三高と対戦。「大砲対決」に注目が集まる


冬場に消化した明確な3つの課題


 履正社高の今季初戦は対外試合解禁日の翌3月9日、滝川二高(兵庫)とのダブルヘッダーとなった。履正社高のグラウンドにはソフトバンク阪神オリックスらNPB5球団のスカウトが集合。注目の第1試合。三番・三塁で出場の安田尚憲は左邪飛、二ゴロ、死球、一ゴロ、左前適時打。サヨナラ負けとなった戦いの後、記者に囲まれると「自分の中では(タイミングが)合っていると思っていたのに打ち損じが多くて。ここから修正していきたい」と初戦の打撃を振り返った。

 例年、履正社高は冬場も紅白戦を継続して行っているが、今年は12月に大阪選抜として多くの選手が台湾へ遠征。さらに週末に天候不良も多く、紅白戦はわずか2試合しか行えなかった。そこで「1、2打席目は力んだというより、久しぶりの試合でいつもと少し感覚も違うところがあった」という結果でもあったようだ。それでもシーズンの開幕に手応えを感じている。秋以降、明確な取り組みが3つあった。1つは肉体面の強化。脂肪を控えタンパク質を多く摂る食事とトレーニングの組み合わせで、鍛えながら秋より体重がアップ。95キロ前後をキープしてのシーズンインとなった。

 2つ目は履正社野球の土台でもある守備、走塁のレベルアップ。副主将でもあり“打つ以外”の面に意欲的に取り組み姿勢で示してきた。そして3つ目が逆方向への打球をテーマに取り組んできた打力・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング