週刊ベースボールONLINE

超一流のブレーク前夜

DeNA・筒香嘉智 ニッポンの四番覚醒までの“険路”

 

今を輝くスター選手にも下積み時代があった。その時期に彼らが流した汗、努力が現在の土台をなしている。ここからは、そんなプロ野球版「あすなろ物語」を紹介しよう。最初はヨコハマの四番から、ニッポンの四番へと成長を遂げた大砲の、覚醒前夜ストーリーをお届けする。
写真=BBM


激怒した中畑監督。横須賀での残留練習


 今の立場を思えば、信じられないような低迷ぶりだった。23試合で打率.216、1本塁打、3打点。筒香嘉智が2013年に一軍で残した成績だ。当時はプロ4年目。四番候補として見込まれ「六番・三塁」で初めて開幕スタメン入りを果たした。

 ところが、中日3連戦で9打席連続無安打。4月1日に出場選手登録を抹消され、ベテランの中村紀洋にポジションを奪われた。再昇格に約3カ月(6月25日に出場選手登録)かかり、初本塁打は7月6日の巨人戦[東京ドーム]。浮上するきっかけをつかめずにもがき続けた。

「筒香のフリー打撃を見て久々に感動した。すごいヤツがいるな、と。ベイスターズを背負っていく自覚をどこまで持たせられるかが大事」

 12年からDeNAの初代監督を務めていた中畑清監督の第一印象。期待が高いからこそ、視線は鋭く、厳しくなっていった。

「10年に1人の逸材と言われて、本人にもそういう意識があるんじゃないか。打率.210でクリーンアップみたいな顔をしやがって。ふざけるな」

 シーズンオフに発した痛烈な言葉。秋季キャンプのメンバーから外れ、横須賀・ベイスターズ球場で残留練習することになった。

「フォームが分からなくなった。打撃が壊れていく感覚ですよね。一軍にいて野球が怖いというか、嫌になった。そういう気持ちになったのは初めてでしたね……」

 10年に横浜高からドラフト1位で入団し、背番号55。「ハマのゴジラ」と称され、注目を浴び続けた。ルーキーだった10年10月7日の阪神戦[横浜]で久保田智之から右中間席へ一発。プロ初安打と初本塁打、初打点を同時に達成した。2年目に8本塁打。3年目は規定打席をクリアし、2ケタの10本塁打に乗せた。背番号も55から8、尊敬する村田修一(現巨人)が着けた25へ。ここから……というときに受けたショックは大きかった。

プロ1年目の2010年、春季キャンプでバットを振る筒香。一軍定着まで5年の月日を要した


 秋季キャンプに帯同しなかった野手は飛雄馬渡邊雄貴の3人だけ。個別練習の場所は決まって室内だった。「もう1回頑張ろう。自分の感覚を信じて、もう1回つくり直そう」。高木由一二軍チーフ打撃コーチが温かく背中を押し、大村巌同打撃コーチはいつも寄り添ってくれた。

「同じメニューを毎日やるんですけど、本当にしんどかった。でも、自分を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング