週刊ベースボールONLINE

台頭する若手投手インタビュー

広島・九里亜蓮インタビュー 最後まで食らいつく「黒田さんが理想のピッチングスタイル。そこに近づけるように頑張っていきたい」

 

プロ4年目を迎えた九里亜蓮。今季はルーキーイヤー以来の開幕先発ローテ入りを果たし、早くも自己最多に並ぶ勝利を挙げている。指揮官をうならせたポテンシャルがいよいよ開花となるか。
取材・構成=吉見淳司、写真=前島進、BBM ※記録は5月7日現在


大きな影響を受けた黒田の言葉


──今季は4月だけで自己最多に並ぶ2勝を挙げました。ここまでの手応えはいかがでしょうか。

九里 しっかりゲームを作ることを意識してマウンドに上がっているので、その面では最初の3試合はできたので良かったと思っています。

──今季初登板となった4月2日の阪神戦[マツダ広島]では6回1失点で勝利。前日までの2試合でジョンソン投手、岡田明丈投手と先発が崩れる中で、チームを引き締める好投でした。

九里 前の投手が打たれているというのは正直気にしていませんでした。まずはしっかり自分の仕事ができるように投げていこうという気持ちだけだったので、いい結果がついてきてくれて良かったという印象ですね。

──4対1の5回一死満塁では原口文仁選手を内角球で三塁への併殺打に打ち取りました。

九里 僕の中では点を取られてはいけないというイメージはなく、最少失点で切り抜けられれば何とかゲームは作れるという気持ちでした。それほど切羽詰まった感じではなくて、自分のボールを投げ込めて、結果的にはゼロでしたね。昨季までは「絶対にゼロで抑えたい」という気持ちが強過ぎて、自分で自分を苦しめてしまったというか。際どいところに投げてフォアボールを出してしまったり、ボール先行で打者を有利にしてしまっていました。今年は必ずゼロというよりは、先発としての役割を。最低限、クオリティースタートができれば、というくらいの気持ちでマウンドに上がっています。

──次回登板となった4月9日のヤクルト戦(同)では2勝目を挙げましたが、1対0の6回一死一塁で、山田哲人選手を内角シュートでショートへの併殺打に打ち取りました。會澤翼選手のサインに首を振ってからの投球でしたが。

九里 會澤さんはアウトコースのボールを要求していたんですけど、カウントが2ボール2ストライクで、一つ厳しくいっても、その次のボールで勝負にいけるというのがありました。それまでが外、外、外だったので、内角にしっかり投げようと首を振りました。

──それ以外にも、今季は内角攻めが目立っています。

九里 春季キャンプから左打者、右打者に関係なくインコースに投げる練習はしてきました。アウトコースを打たれるよりもインコースを打たれたほうが、納得するという言い方はおかしいですけど、自分でも後悔しないので。

──左右を広く使うピッチングスタイルは、昨季に引退した黒田博樹投手を思い起こさせます。

九里 黒田さんの投球が理想とするピッチングスタイルなので、そこを目指してやっています。黒田さんにはシーズンの終わりごろに「お前のピッチングは完ぺきを求め過ぎだ。完ぺきを求め過ぎるな」という言葉をもらいました。そこで先ほど言ったような考え方の変化がありましたね。黒田さんの影響は大きいです。

──3月23日のオリックス戦(京セラドーム、オープン戦)の試合後には、緒方孝市監督が「九里が黒田の穴を埋めてくれるかもしれない」と口にしましたね。

九里 それは記者の方から聞いたりして、自分の耳にも入っていました。正直、そういうふうに言ってもらえるのはうれしかったですし、なかなかそういうことを言ってもらえることはないので、何とかその期待に応えられるピッチングをしていければいいかなという感じだったんですけど、まだ僕にはそこまでの実力がないと思っているので、まずは目の前の試合を1試合1試合、必死に投げていきたいですね。

──今年は野村祐輔投手とよくキャッチボールをしていたり、ジョンソン投手に投球時の左足の使い方を聞くなど、いろいろな方に話を聞いている印象です。

九里 去年も聞いてはいたんですけど、去年は中継ぎをしたり、先発をしたり、いろいろなところをやっていたので、僕の中で質問をするための確定的な言葉がありませんでした。何を聞いたらいいのか自分でも分からないような状態でしたね。でも、今年は先発をやらせてもらう中で、先発の配球など、聞くことが明確になりました。そういうところが変わったところですね。

──話をうかがっていると、先発としての強い意気込みを感じます。

九里 1年間、何とかローテーションを守っていきたいという気持ちは、この世界に入ってからずっとあります。最初に手応えという質問がありましたが、僕の中ではまだ手応えはありません。1試合を必死に投げる中でローテーションを守って初めて、自分の中で見えるものがあると思うので、そこを目指していきたいです。1年目には先発ローテーションで投げさせてもらったんですけど、そのときは怖いもの知らずでただ一生懸命に投げているだけでした。今年は4年目になり、何も知らない状態で投げているときとはやっぱり違う難しさや気持ちが出てきています。何試合も同じチーム、打者と対戦する中で、対策を立てられているでしょうし、データも出ていると思います。その中で自分の投球をどう鍛えていくか。相手の打者の反応を見るなど、いろいろなことが大切になっていきます。その中でレベルアップしていかないといけないということは常々考えています。

──4月30日のDeNA戦[横浜]では4回7失点で降板しましたが、そこで見つかった課題は。

九里 左打者の被打率が高いなど、いろいろありますが、昨年と同じようにどうしても際どいところに投げて打たれないようにしようとか、まだ自分で苦しい投球をしてしまう部分があります。そういう面でもっと大胆に、しっかり攻める投球をしていかないといけないですね。投手有利で進めるのと打者有利で進めるのとでは試合のリズムも違ってくる。そこを課題としてやっていきたいです。

15年オフの自主トレがターニングポイントに


今季は強気の投球が光る。強打者にも内角へ真っ向勝負を挑み、好結果につなげている


──今季の投球を見ていると、何かを変えようという並々ならぬ気合を感じるのですが、きっかけとなるものがあったのでしょうか。

九里 2015年のオフ、廣瀬(廣瀬純)さんにアメリカに自主トレに連れて行ってもらい、黒田さんやほかの球団の方とも一緒に練習をしました。いろいろな人の練習を見たり、黒田さんほどの実績のある方でも追い込んでやられている姿を見て、気持ちの変化がありました。もっと自分で、いろいろなことを変えていかないとこの世界で生き残っていけないという気持ちが芽生えたので、それが僕の中では一番のターニングポイントですね。今オフは黒田さんも廣瀬さんも引退され、アメリカには行かなかったのですが、三浦真治トレーナーと1対1で話し合い、質問をしたりアドバイスをもらいながら、アメリカでやっていたトレーニングの強度を上げたメニューを組んでもらい、それを続けています。

──アメリカで初めて取り組んだメニューなどがあったのでしょうか。

九里 ウエートに関しては、ほとんど無知な状態でした。大学(亜大)のときに教わったものや、プロに入って教わったものを、ただ言われたとおりにやっていたんですけど、アメリカで自主トレする中で勉強したり、食事についてもいろいろな話を聞いたので、トレーニング面でも意識は変わりましたね。去年1年間、継続してきたことで、今年になって体が強くなりましたし、平均球速も増しています。去年より力を入れている感じはないんですけど自然とスピードが出ている感覚で。ウエートをした次の日に効果が出るわけではありませんが、少しずつですけど成果が見えているように感じます。今年はそれよりもレベルアップしたトレーニングを行っているので、さらに上がっていくように、野球もそうですけど、トレーニングも必死にやっています。

──岡田投手にもインタビューをしたのですが、「九里さんは気迫を前面に出せるのがすごい」と言っていました。

九里 自然に出てしまうんですよね。後で映像を見ても恥ずかしいくらい(笑)。打たれてしまったところとかは鮮明に覚えているんですけど、後から「こんなところでガッツポーズしてる。恥ずかしいな」という感じ。正直、やろうと思ってやっているわけではなくて、ポーカーフェースのほうがかっこいいのかな、とも思いますし。

──広島は表情を変えない投手が多いので、感情を出す九里選手の存在は貴重だと思いますが。

九里 確かにそうですよね。岡ちゃん(岡田明丈)にしろ、祐輔(野村祐輔)さんにしろ、大地(大瀬良大地)も、加藤(加藤拓也)も……すごい冷静。何でなんですかね?(笑)

気迫あふれるピッチングも持ち味。淡々と投げる投手が多いチームの中で、自身のスタイルを築いている


──ただ、九里選手の投球がこれまでと違うことは多くの人が分かっていると思います。今後のシーズンではどのような投球を目指していくのでしょうか。

九里 黒田さんが理想のピッチングスタイルですし、そこに近づけるように頑張っていきたいということと、いい投手はたくさんいますが、先発ローテーションに残れるように食らいついていきます。


廣瀬純氏が語る合同自主トレのワケ



「アメリカの自主トレは僕が声をかけました。ルーキーイヤーには先発ローテーションに入りましたが、2年目に少し足踏みをしているように感じていたんですよね。トレーニングの知識があまりないということでしたし、何かきっかけになればと思いました。黒田さんや五十嵐(五十嵐亮太ソフトバンク)など、ほかの選手と話す中で、何かを感じ取ってくれればいいなと。どういう意図があって、どういう動きをすればレベルアップにつながるか、1年をトータルで考えた中でオフにどういうトレーニングをしたらいいのかとプランを立てる上でのサンプルになれば、変わるんじゃないかと考えたからです。今、役に立っているのであればうれしいですね」

九里投手に質問です。岡田明丈投手ってどんな人?


岡田投手に引き続き、九里投手にも岡田投手の印象を聞いてみました。岡田明丈投手のインタビューは→こちら


──岡田投手のすごいと思うところは。

九里 何がすごいですかね。普段の姿を見てるとホントにのほほんとしていて、何も考えていないような感じなんですけど(笑)。まさに豪腕という感じですよね。あのストレートはえぐいと思います。バズーカでも撃っているんじゃないかというような真っすぐ。それと、ピンチだろうが、どういう場面であろうが動じていないような感じがします。どういう状況になっても影響されないというところはすごいですね。プライベートは何と言うかもう……かわいいです(笑)。


PROFILE
くり・あれん●1991年9月1日生まれ。鳥取県出身。187cm92kg。右投右打。岡山理大付高から亜大を経て、2014年ドラフト2位で広島に入団。1年目に先発ローテーションに入り2勝をマークしたが、15年は0勝、16年は2勝と勝ち星を伸ばせず。今季は4月までに2勝を挙げ、飛躍が期待されている。


ユーザープレゼント
九里亜蓮選手の直筆サイン入りカードプレゼント




※締め切りは2017年5月22日(月)、当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。※ご応募いただいた個人情報は、懸賞の目的以外での利用はいたしません。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング