週刊ベースボールONLINE

虎の遊撃レギュラー争い

阪神・北條史也&糸原健斗 残像を乗り越えろ!

 

長年、阪神の正遊撃手の座を務めた鳥谷敬が今年から三塁に専念。ショートレギュラーの座を手に入れようと2人の若虎がしのぎを削っている。糸原健斗北條史也。果たして、どちらが“鳥谷の色”を消し去ることができるか──。

いとはら・けんと●1992.11.11生=24歳175cm80kg/右左/開星高-明大-JX–ENEOS-阪神17※ショート歴1年


 珍しいパターンだ。阪神ドラフト5位ルーキーの24歳・糸原健斗はプロ入り後、初めて遊撃守備に本格挑戦している。遊撃手がほかのポジションに移る例は枚挙にいとまがないが、逆は非常にレアケースといえる。糸原はある日、久慈照嘉内野守備走塁コーチに戸惑いを明かしている。

「プロの選手はみんな、足が速いですよね……」

 島根の開星高から明大、JX-ENEOSと球歴を積み重ねていく中で、主戦場は三塁や二塁だった。守備陣の要と表現される遊撃を守る回数が増えた今、率直な感想は「プロはスピード感が違いますよね」だ。「打者一人ひとりの足が速いし、アマチュア時代と違って打球にスピンがかかっている」。プロではゴロの球足が速く、深いポジショニングを取らなければ簡単に二遊間、三遊間を抜かれてしまう。かといって、深い守備位置から緩慢な動きでゴロにチャージすれば、内野安打にされてしまう。少しでもファンブルすると結果は同じ。一瞬のスキも許されない。それがプロ野球で戦う遊撃手の宿命、ということだ。

 現在、一軍で糸原と遊撃スタメンの座を争っている高卒5年目の22歳・北條史也も同感する。「速い打球ならともかく、普通の打球の場合・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー