週刊ベースボールONLINE

球団史に残るショートへの挑戦

楽天・茂木栄五郎 悪戦苦闘の日々を越えて

 

球団史にその名を刻もうとしている若き遊撃手がいる。好調・楽天で「一番・遊撃」としてチームをけん引している2年目の茂木栄五郎がその一人だ。プロに入団した昨年から遊撃が主戦場となった男が日々奮闘している。

もぎ・えいごろう●1994.2.14生=23歳/171cm75kg/右左/桐蔭学園高-早大-楽天16※ショート歴2年


 ルーキーイヤーだった昨季、ショートでの開幕スタメンを勝ち取った茂木栄五郎(楽天)。故障離脱時期以外はショートとして試合に出続けたが、失策数は117試合で19個。これは12球団ワーストの数字だった。桐蔭学園高、早大では主戦場がサード。プロ入り後、ショートにチャレンジしたため、悪戦苦闘の毎日だったと茂木は振り返る。

「僕は打撃を評価していただいてプロに入れたと思っているので、守備では苦労すると思っていました」

 捕って投げる。それだけでも骨を折ったという。加えて、「バッテリーとの連係を取ったり、セカンドの藤田(藤田一也)さんとの連係を取ったり(今季からは銀次とコンビを組むことも)。外野との連係役でもありますから」。

 シーズン当初はエラーをして、それを引きずったまま打席に入ることもあり、バッティングに影響を及ぼしたこともあったと打ち明ける。それでも、経験を積むたびに頭の中を整理できるようになっていく。

「まずはしっかり捕ること。捕って投げると考えると、どうしても捕球がおろそかになってしまいますから」

 グラブの形状はサードを守っていたころから変わらない。プロ入りして初めての春季キャンプでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー