週刊ベースボールONLINE

優勝を知る犬鷲戦士インタビュー

楽天・銀次インタビュー 笑顔を届けるために 「『オレが決めてやる!』という選手が多い。それが2013年との共通点」

 

精巧なバットコントロールが戻りつつある。極度の打撃不振に悩まされた昨季の姿はもうない。キャリア12年目、20代最後のシーズンを最高の形で終わらせるべく、選手会長は常に打撃の技術と向き合っている。
取材・構成=富田庸、写真=内田孝治、川口洋邦(インタビュー)、BBM ※成績・記録は6月25日時点


万能性を発揮してチーム躍進に貢献


「らしくない」本塁打で、2017年シーズンが幕を開けた。そこから4試合連続安打。そして4月8日のロッテ戦[ZOZOマリン]では、3安打2打点の大暴れ。4月、5月を打率3割超えで乗り切った。交流戦中に打率2割台に落ちたが、再び3割に届こうとしている。昨季の今ごろは打撃不振で二軍にいた。故障以外での降格は、レギュラーになって初めてのことだった。その苦い経験があるからか、銀次は現在の状態にまったく満足感は抱いていないようだ。ならば、本来の調子を取り戻したら、どんな打撃を見せるのだろうか。

「バッティングの状態はそれほど良いとは思っていません。良いときもあれば、悪いときもある。やはり、どうしても調子の波が出てしまうんですよね。遠征が続けば、当然疲れもたまってくるし。その中で、できるだけ波ができないように、調子を崩さないように我慢しながらやっているのが現状ですね。

 僕が一番意識しているのは積極性です。いつも攻めの打撃を意識しています。今季は五番で起用されることが多くなっていますが、僕としては何番であろうと、まずはしっかりと自分のスイングをすること。それだけを意識しています。

 それが形になったのは、開幕戦の第3打席でした。相手はオリックスのエース・金子千尋投手でしたが、カウント2ボールからストライクを取りに来た甘い球を、しっかりとらえることができました。やはりファーストストライクからしっかり狙っていくこと。これができたのは良かったけれど、僕はホームランを打つタイプではないので。本当にたまたまです。今季初安打がホームランなんて、思ってもみませんでした(笑)」

 楽天初のリーグ優勝、日本一を果たした2013年からすでに4年が経過した。銀次は当時25歳で、前年に初めて規定打席に到達したばかりのニューカマー。それでもこの年は7月に一時首位打者に立つなど打撃が完全開花。レギュラーとしてチームの躍進を支えた。そんな銀次が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング