週刊ベースボールONLINE

「一、二番打者」特集

これが最強の一、二番コンビだ! 現役選手&コーチ60人アンケート

 

現役選手とコーチ陣に印象に残る、対戦してイヤだなあ、最強だなあ、と思う一、二番は誰かというアンケートを実施。60人の回答をここで紹介していく。さてプロの選手たちはどういう印象を持って一、二番を見ているのだろうか!?
写真=BBM

田中広輔&菊池涼介(広島/2016年〜)



最高成績 2016年リーグ優勝
田中広輔(一番成績)142試合154安打13本塁打39打点101得点28盗塁93四死球3犠打、打率.266、出塁率.368
菊池涼介(二番成績)140試合180安打13本塁打56打点92得点13盗塁40四死球23犠打、打率.315、出塁率.358

ソフトバンク今宮健太内野手
 このコンビが史上最高だと思います。2人とも足も速いし、細かい打撃に加えて、パンチを入れた打撃で大きいのも打てるので、この2人くらい「何でもできる」コンビはいないと思う。細かい打撃だけできても守っている側からしたら怖くない部分はありますが、このコンビの場合は「何をやってくるか分からない」という怖さがあります。交流戦くらいでしか対戦はないけど、守備側としてはすごく気を使うコンビです。

日本ハム有原航平投手
 昨年の日本シリーズでも対戦しましたが、この2人はホームランも打てて、足もあって、小技もできる。何でもできるので、対戦していても難しい一、二番コンビだと思います。

茂木栄五郎&ペゲーロ(楽天/2017年〜)



最高成績 2017年6月29日現在
茂木栄五郎(一番成績)54試合72安打12本塁打37打点44得点1盗塁27四死球3犠打、打率.323、出塁率.394
ペゲーロ(二番成績)65試合75安打17本塁打51打点37得点1盗塁29四死球0犠打、打率.291、出塁率.362

オリックス西勇輝投手
 やっぱり長打も打てるし、足も速いですからね。まあどこも気が抜けないんですけど、やっぱり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー