週刊ベースボールONLINE

社会人有力投手クローズアップ

鈴木博志(ヤマハ) “火の玉ストレート”の迫力

 

取材・文=岡本朋祐、写真=中嶋聖

高卒3年目の今夏、ヤマハは都市対抗出場を逃した。昨年に続く東京ドームは自チームのユニフォームでないが、新日鐵住金東海REXの補強選手として、腕を振りまくる覚悟だ


成長の場として位置づける「補強選手」


 アピール上手である。ホームページのメッセージ欄には「火の玉ストレートを見に来てください!」と掲載。「自分を知ってほしい」。好きな投手は、MLBで最多セーブ4度受賞のレッドソックスの守護神であるクレイグ・キンブレル。最速155キロ右腕・鈴木博志の配球は、8割方がストレートだ。変化球については「カットボールがメーンで、ほかの持ち球であるカーブ、スライダーも真っすぐと同じくらい自信を持てるようにしたい」と課題を語るものの「基本は真っすぐ」と、真っ向勝負が生命線だ。

 ヤマハは都市対抗東海二次予選(第6代表決定ゾーン敗者復活3回戦)で敗退。今大会、鈴木は新日鐵住金東海REXの補強選手として、東京ドームのマウンドを踏む。ヤマハからは左腕・九谷青孝(東農大)も加わり、2人は投手陣の柱として期待されている。

「REXさんの日本一に貢献したい。違う環境で慣れないこともあると思いますが、多くを学べる場としてとらえています」。ヤマハでは2年目から、試合を締めるストッパーに定着している。

「最後の1イニング、後ろは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー