週刊ベースボールONLINE

聞こえる黄金時代の鼓動

広島・ファームで光る金の卵たち!坂倉将吾、長井良太、アドゥワ誠、高橋昂也

 

積極的な大型補強に動くことは少なく、生え抜き選手を育てるスタイルを貫くカープ。脚光を浴びる機会は多くないが、着々と成長を遂げている高卒ルーキーたちを紹介しよう。
写真=BBM ※成績は7月16日現在

早々に二軍の主力となり実戦で腕を磨く捕手


坂倉将吾


 2月12日、宮崎県日南市で行われていた一軍春季キャンプに、二軍だった4人の高卒ルーキーが、1日だけ合流してきた。その日の光景は忘れられない。3人の投手がブルペンに入れば、首脳陣は驚きの表情を見せた。唯一の野手の打撃練習ではスタッフもゲージにくぎ付けである。立ち会ったスカウト陣は納得の笑顔だった。

 そもそも育成能力には定評がある広島。あれから約半年、高卒ルーキーは、それぞれのアプローチで大いなる成長を遂げている。

 日大三高からドラフト4位で入団した坂倉将吾は、とにかく実戦の中で鍛えられている。チームは19歳の強打の捕手に多くのチャンスを与えている。59試合の出場はチームの捕手で最多。ときには「二番・DH」という起用も含め、さまざまな経験を積ませている。水本勝己二軍監督は期待を寄せる。「高卒ルーキーでこれだけ振れる選手はなかなかいません。前田(前田智徳)や誠也(鈴木誠也)もそうでしたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー