週刊ベースボールONLINE

甲子園特集 怪物がいた夏

98年 夏の怪物・松坂大輔 44戦無敗平成の怪物

 


 最後の1球は大きく曲がるスライダーだった。122球目、これに京都成章高の三番・田中勇吾のバットが空を切る。マウンド上の“平成の怪物”はスコアボードに向かって大きく両手を突き上げた。見ると得点だけではなく、「H」の項目もゼロ。大会史上23度目、決勝では59年ぶりのノーヒッターとなり、「松坂大輔伝説・高校3年夏編」は締めくくられた。

 チームは前年秋の神宮大会、春のセンバツに続いて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー