週刊ベースボールONLINE

甲子園特集 怪物がいた夏

2004年 夏の甲子園 同世代の主な選手たち

 

2004年夏 第86回大会


優勝=駒大苫小牧高(南北海道)
準優勝=済美高(愛媛)
4強=東海大甲府高(山梨)、千葉経大付高(千葉)
8強=横浜高(神奈川)、中京大中京高(愛知)、天理高(奈良)、修徳高(東東京)

松本啓二朗投手 千葉経大付高(千葉)

桜美林高時代、エースとして76年夏の甲子園を制した松本吉啓監督との父子鷹。ダルビッシュと投げ合った東北高との3回戦、雨中の熱投の末に勝利し、4強入りを果たす。早大では外野手に転向した。※特集インタビュー松本啓二朗が挑んだダルビッシュ有


石川雄洋内野手 横浜高(神奈川)

名門校で1年時からベンチ入りし、2年春には外野のレギュラーとして準優勝を経験。最後の夏は脅威の打率7割超えを果たし、チームの8強入りに貢献した。ドラフトでは下位指名ながら、中心選手となっている


鵜久森淳志外野手 済美高(愛媛)
 春夏通算5本塁打で“ゴジラ”松井秀喜[星稜高]超えを果たした右のスラッガー。春に初出場初優勝を成し遂げたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング