週刊ベースボールONLINE

怪物に挑んだ男インタビュー

田村龍弘が挑んだ“怪物・藤浪晋太郎”

 

春のリベンジならず──。立ちはだかる“怪物”は半年でさらなる進化を遂げていた。それでも、悔しさはなかった。それは世代を代表する右腕の力を認めていたからだ。2012年夏、盟友・北條史也とともに藤浪晋太郎へ挑んだ田村龍弘の証言とは。
取材・構成=杉浦多夢、写真=BBM


“怪物”へ変貌した夏


同じ大阪府出身。だが、直接対決の機会は訪れないまま、田村龍弘は幼なじみである北條史也(現・阪神)とともに光星学院高(現・八戸学院光星高)へ進んだ。ついに迎えた藤浪晋太郎(現・阪神)との初対戦の舞台は2012年春のセンバツ決勝。チームは3対7で敗れて準優勝に終わったが、田村は藤浪から3安打、北條も2安打を放った。しかし、それから半年。夏の決勝で再び相対した藤浪は、真の“怪物”へと変貌していた。

 中学のときはボーイズでやっていたので、そのときから藤浪晋太郎のことは知っていました。でかくて、球が速くて、将来はプロに行くだろうなって思っていましたけど、ほかにも北條史也や森友哉(大阪桐蔭高、現・西武)とかがいて、全体のレベルが高かったから、めちゃくちゃ目立つ存在ではなかったですね。

 本当にたまたま、中学時代は藤浪のチームと当たることがなくて、初めて対戦したのが高校3年春のセンバツ。負けましたし、もちろんすごかったんですけど、そのときの藤浪に対しては「思ったほどではないなあ」と感じました。コントロールもあまり良くなかったですし。でも、夏になると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー