週刊ベースボールONLINE

夏の甲子園 現役選手36人アンケート

夏の甲子園 あなたにとっての“怪物”と“夏の思い出”は? パ・リーグ編

 

現在プロで活躍する選手たちにとって、夏の甲子園を彩った自分たちにとっての“怪物”は誰だったのか。自身の夏の思い出とともに振り返ってもらった。

今江年晶内野手 PL学園高/2000年(2年時)
あなたにとっての怪物は? 武内晋一(智弁和歌山高)

武内晋一ですね。そんなに知らなくて、甲子園で見て「同い年なんや」と思ったぐらいでした。智弁和歌山高が優勝しましたけど、めちゃくちゃ打っていましたからね。甲子園はそんなに、特別に緊張したということもなかったんですけど、全然打てなくて、いい思い出はないですね。智弁に負けた試合(3回戦)は、確か5打数無安打ぐらい。四番を打っていたし、責任を感じていました


島袋洋奨投手 興南高/2009年(2年時)、2010年(3年時)
あなたにとっての怪物は? 今宮健太(明豊高)

今宮健太さんはすごかったです。高2夏の甲子園でヒットを2本打たれました(1本は二塁打)。外角ボール球の真っすぐをとらえられたり、スライダーを体勢を崩しながらとらえられたり。全国的に注目されている人は違うなあって思いました。甲子園の思い出は、3年春に1勝できたことと、同夏の準決勝(報徳学園高戦)の逆転勝ち。守っていた最終回、客席から両校への応援で地鳴りのようでした


寺原隼人投手 日南学園高/2001年(3年時)

 同世代の怪物、といえば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー