週刊ベースボールONLINE

夏に輝け!! DeNA特集

DB番記者座談会 CSハマスタ開催へ!首位カープを脅かせ!!

 

2015年は勝率5割ながらセ・リーグ首位で前半戦を折り返した。チームに勢いがあったが、交流戦の負け越しが響き、結果は最下位に終わった。しかし、ラミレス監督が就任した昨年からチームは徐々に変わり始める。今年Aクラスにつけるチームの戦いぶりを見ていると、勢いだけに頼らない、勝利に「根拠」があるように感じられる。そのあたりのチームの内情、戦力をどう分析するのか──。DeNAの後半戦を各スポーツ紙担当記者に語り合っていただいた。
構成・まとめ=滝川和臣、写真=BBM、イラスト=佐々木さいこ ※成績、数字は7月27日現在


[座談会参加者]
A記者 記者歴21年目。経験豊富な頼りになるベテラン
B記者 冷静な分析が持ち味の中堅どころ。記者歴11年目
C記者 記者歴3年目の女性記者。軽快なフットワークで選手を直撃

左からA記者、B記者、C記者


ラミちゃん采配ピタリ。10年ぶりの貯金ターン!


A DeNAのここまでの戦いぶりを振り返ると予想どおりという印象かな。10年ぶりにシーズンを貯金ターンしたわけだけど、もともといい選手がそろっていたので、普通にやれば勝てるだろうと思っていた。石田健大をはじめ投手にケガ人が出て、期待されたクラインが先発ローテを回せなかったのが誤算だったけれど、チームのポテンシャルが結果につながっていると感じられたかな。

B 勝ち越しターンは驚きではないけれど、「もっとできた感」も同時にあります。大きな連敗もないけれど、連勝もない。でも、いい位置に付けていることは間違いないです。

C 私も、もっと上にいてもおかしくないチーム力はあると思います。前半戦は四番に座った筒香嘉智が本調子でない状態でのこの順位。残りのシーズン、ケガ人が出なければ上位に進出する要素しかないかなと。

B 前半は桑原将志も不調だったし。

A ロペスが打線を引っ張ったのがデカいよ。

B 確かに。今年のロペスは不調の波がまったくない。あとは宮崎敏郎のブレークも大きい。

C 宮崎はキャンプ二軍スタートでした。

A あれはラミレス監督が田中浩康、新人・狩野行寿の実力を見たいというのがあったし、宮崎が秋のキャンプでケガをした影響もあったんだと思う。彼の実力は分かっているので、ゆっくり調整してほしい、ということだったのでしょう。

B 首位打者(宮崎)がいて、打点トップ(ロペス)がいて、筒香がいれば、打線は強力です。3位につけるのもうなずけます。

C 打撃が好調な一方で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー