週刊ベースボールONLINE

注目打者インタビュー

西武・秋山翔吾インタビュー 戒める男 「本塁打が出ても『違うぞ』と自分に言い聞かせる」

 

本塁打が増えても自分を見失わない。結果が良くても打撃内容が伴わなければ試合後に打ち込む。秋山翔吾は常に自らを戒める男だ。だからこそ、今季も進化した打撃でチームをけん引している。
取材・構成=小林光男、写真=矢野寿明 ※成績・記録は8月6日時点


フルイニング出場は大きなモチベーション


赤い獅子が牙をむいている。7月21日の日本ハム戦[メットライフ]から赤い炎獅子ユニフォームを着用し、そこから13連勝。8月6日現在、首位・ソフトバンクとは5.5ゲーム差、2位・楽天とは4ゲーム差の3位と上位を猛追している。一番を打つ秋山翔吾も連勝の間、52打数22安打、打率.423と力強いバッティングで勝利に貢献。常にグラウンドに立つ男が、チームの核となっている。

──チームは波に乗っていますね。

秋山 通常と違うユニフォームでお客さんにも盛り上がってもらえています。ただ、どんなユニフォームでも勝つことが一番。そういう意味では良かったと思います。

──雰囲気も当然いい。

秋山 勝っていることがすべて。野手も、投手も、能力自体は十分にあるチームと言われていましたからね。

──シーズン終盤に差し掛かるここからが正念場です。

秋山 残りすべて勝てるわけではないですからね。苦しい状況になる可能性もあります。しんどくなってきたときに、いかに踏みとどまるかが大事。夏場は暑いし、例えば長い時間を守ってベンチに戻ると、裏で休みたくなる気持ちも分かる。でも、そういうときこそ、表に出てグラウンドにいる選手に声をかけることをやろう、と。そんなことを、みんなに言ったこともあります。

──特にメットライフドームは暑い。

秋山 僕らはそこを本拠地にしているわけですから、それを理由に負けてしまうのは言い訳にしかならない。練習に取り組む意欲、試合に臨む姿勢、何とかしたいという粘り強さは、どこからでも出せると思います。

──それが一体感にもなる。

秋山 一人がつらそうな感じでいると、人間だからそれに引きずられてしまう可能性はあります。逆に、走ったり、ボールを追ったりすることでも一生懸命にやれば、奮い立つ人間が多くなるでしょう。自然とそういうことができれば、チームもさらに上に行くと思います。

──姿勢といえば秋山選手は決して休まない。7月18日のソフトバンク戦[ヤフオクドーム]でパ・リーグ単独2位となる391試合連続フルイニング出場を果たしました。

秋山 いろいろな人の協力があって・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー