週刊ベースボールONLINE

広島からニュースター誕生!!

中村奨成(広陵高3年・捕手) 甲子園に刻んだホームラン新伝説

 

「甲子園の申し子」と言われたPL学園高・清原和博の数字を32年ぶりに超えた。2017年夏、チームを準優勝へ導いた広陵高・中村奨成は自身初の甲子園で大暴れし、個人大会本塁打を6本に更新。17打点、43塁打でも大会記録を塗り替え、安打(19)、二塁打(6)、最多試合連続本塁打(3)でもタイ記録と、多くのインパクトを残した。

天理高との準決勝。初回にバックスクリーンへ運んでPL学園高・清原の大会5本塁打に並ぶと、5回の第3打席では同点ソロを放ち、大会新記録を樹立。一塁ベースを回る際にはガッツポーズ/写真=高原由佳


“超高校級”の「打てる捕手」ドラフト1位候補に急浮上!!


 3年夏、ラストチャンスでつかんだ甲子園。中京大中京高との1回戦が、中村奨成の野球人生を変えた。2点を追う6回表、一死走者なしからソロを右中間へ。「(通算本塁打)39本目で初めて逆方向への本塁打でした」。主砲の一打で勢いに乗った広陵高はこの回に逆転すると、その裏の守りでもビッグプレー。無死一塁から捕手前へのバントを、矢のような送球で二進を阻む。遠投120メートル、二塁送球が1.8秒を切る強肩を披露した。

捕手としても遠投120メートルの強肩。中京大中京高との1回戦では走者一塁からのバントを、矢のような送球で二塁進塁を許さず、スタンドを驚かせた/写真=田中慎一郎


 4万7000人の大観衆から「オーッ!!」。夏特有のどよめきが銀傘にこだましたが“中村劇場”は、終わらない。8回に右越えの一発。視察したNPB12球団のスカウトも思わず、ポカーンと口を開く。一躍、ドラフト1位候補に急浮上した。

「ダントツでNo.1。(将来は)レギュラーとして見るキャッチャー」(中日中田宗男スカウト部長)

「フットワーク、肩、コントロールの正確性、判断力。すべてが凝縮されたプレー。強烈でした」(ヤクルト小川淳司シニアディレクター)

 躍進はいわば“ケガの功名”だった。広島大会の初戦(対崇徳高)で右手首に死球を受けた影響により・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー