週刊ベースボールONLINE

広島 37年ぶりの連覇は目前!

広島 37年ぶりの連覇は目前!最後の試練を乗り越えろ!

 

8月22日〜24日、セ・リーグの首位を快走していた広島に暗雲が立ち込めた。敵地・横浜でのDeNA戦でまさかの3試合連続サヨナラ負けを喫し、若き四番・鈴木誠也が試合中のケガにより負傷離脱。赤ヘル戦士たちは最後の試練を乗り越え、悲願の連覇を果たすことができるのか!?

8月23日のDeNA戦[横浜]の守備で右足首を痛めて退場する鈴木。今季の復帰は難しいと見られる/写真=桜井ひとし


 横浜スタジアムに詰めかけた広島ファンが言葉を失った。8月23日に行われたDeNA戦の2回二死。戸柱恭孝が放った右中間への深い飛球を背走し、ジャンプしながら好捕した鈴木誠也だったが、不自然な形で着地した途端に転倒。起き上がることはできず、右足首を抑えて顔を歪めた。

 すぐさま担架で運ばれ、横浜市内の病院での診断の結果、「右脛骨(けいこつ)内果はく離骨折」が判明。長期離脱を余儀なくされた。4月終盤から四番の重責を担ってきた若き主砲離脱の動揺は大きく、2回まで5対0の大勝ムードは一変。DeNAの猛反撃を許し、延長10回に6対7でサヨナラ負けを喫した。

 チームは前日と翌24日の同カードでもサヨナラ負けを喫し、同日にはマジックが消滅。鈴木も今季の復帰は絶望と見られ、視界良好だったはずのVロードは不透明との声も。

 だが、地元の声援がナインに勇気を与える・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー