週刊ベースボールONLINE

広島 37年ぶりの連覇は目前!

『継承』の広島の底力 「受け継がれた思い、すべてはつながっている」

 

特集の最後は、「継承」をキーワードにしながら、広島の前回の連覇、さらにそこまでの流れを振り返ってみたい。広島ほど、この二文字がふさわしい球団はない。

80年日本シリーズを制し2年連続日本一を達成した古葉監督


「終盤になって少々もたついた感じの広島だったが、中盤までの豊富な貯金がものを言って、楽な戦いに終始した1年だった。

 多くの人が『カープの黄金時代』という。打線はアブラの乗り切った打者の群れ、投手陣はベテランと若手の巧みなミックス。加えてそつのない守り、鮮やかな機動性……」

 これは、今季の広島優勝を想定した原稿ではない。1980年連覇を飾ったシーズンの本誌の記事の一部を要約したものだ。違うとしたら今季の投手陣が若手主体というところくらいか。79、80年と広島はリーグ連覇。巨人以外のセ・リーグのチームの連覇は、このときと2010、11年の中日だけだ。

75年の歓喜の原動力


 1950年の2リーグ分立時、特定の親会社を持たず、行政も絡んだ市民球団として誕生も、草創期は資金難で何度も球団消滅の危機に見舞われた。それでも広島市民、広島県民の必死の支えもあって存続。ただ、成績は、なかなか低迷から抜け出すことはできなかった。

 浮上のきっかけとなったのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング