週刊ベースボールONLINE

ジャパンの三剣士徹底解剖

連続写真解説 清宮幸太郎(早実) 予測不能のポテンシャル

 

写真=早浪章弘


 柔らかさと力強さを持ち合わせた希有なスラッガーである。さらに、おとなびた優等生、強い芯がある頑固者、そして涙もろい感激屋……。「平成最後の怪物」となるかもしれない男は、高校生には酷な衆人環視の日々でも、飾ることなく、さまざまな顔を見せてくれた。

 高校通算111本塁打。過去の最多107本はすでに抜いた。8月25日、U-18代表として出場した練習試合で史上最多の108号を場外弾で決めた際、「やるからには抜きたいと思っていました」と言ったが、それも、“集大成”である3年夏が終わったから出た言葉だろう。

 チームスポーツで個人の成績は二の次。あるのは勝敗、そして仲間たちのために力を出し切れたかどうか。この18歳はそれを一番知っている。ただ、周囲の期待に応えたいという思い・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー