週刊ベースボールONLINE

日の丸背負った侍BIG3の実力

中村奨成(広陵高) 天国と地獄を見た高校No.1強打捕手

 

取材・文=岡本朋祐、写真=早浪章弘[本誌特派]

 この夏、中村奨成は大阪滞在2週間で、ヒーローへと駆け上がった。もともと、夏の広島大会前から左腕・平元銀次郎と、強肩捕手による広陵バッテリーは注目の的だった。春先には侍ジャパンU-18代表・小枝守監督が広島大会へと足を延ばした。この視察を受け、2人は6月16日に発表された第一次候補30人に入った。実は中村はこの時点で、水面下では“内々定”していたという。最初で最後の甲子園で中村は、まるで自分の庭のように躍動。侍ジャパンU-18の選考を担当する日本高野連の技術・振興委員会も、仰天するほどの急成長ぶりであった。

 伝説の男、PL学園高・清原和博氏の持つ大会本塁打記録(5)を32年ぶりに6本に更新。17打点、43塁打でも大会記録を塗り替え、安打(19)、二塁打(6)、連続試合本塁打(3)でも大会タイ記録と、多くのインパクトを残した。捕手としても遠投120メートルの強肩を武器に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー