週刊ベースボールONLINE

2位争い最終局面!獅子か、犬鷲か──。

パ2位争い西武のキーマン・森友哉 攻守にカギを握る勝負強い小さな巨人

 

文=上岡真里江、写真=高塩隆 ※成績は9月24日現在

豪快なバッティングは健在。その強打でチームを栄光に導く


自分がみじめに……


「一軍の選手って、やっぱり勝負師の顔をしている。みんなの顔を見ると、余計自分がみじめになって、つらい」

 3月5日のWBC強化試合(対キューバ)で左ヒジに死球を受け、野球人生最長となる5カ月もの間、戦線離脱。常に第一線で戦ってきた男だからこそ、勝負の舞台から離れ、鋭さが消えた自らの顔つきの変化を敏感に感じ取り、また、悔しくてたまらなかった。「不振とかやったら、仕方がないですが、骨折で(離脱)なんて、一軍で頑張っているみんなに申し訳ない。合わせる顔がなかった」。その、忸怩たる思いが、復帰後の原動力となっている。

 チームは今季リーグトップの得点力を誇るが、森が打線に入り一段と攻撃力が増した。ここまで32試合に出場し、打率.333、1本塁打、15打点の数字もさることながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー