週刊ベースボールONLINE

さあ、セ・リーグCSファーストだ!

広島への挑戦権をつかめ!頂点に導く指揮官のタクト

 

シーズン終盤までもつれたAクラス争いを制して阪神DeNAがCSファーストステージでぶつかり合う。ともに就任2年目の指揮官は3試合制の超短期決戦でどんな手腕を振るうのか。混沌としたシーズンを振り返りながら、両監督の決意表明を聞こう。(成績は10月1日現在)

阪神・金本知憲監督 とにかく日本一を目指す


阪神/セ2位、対DeNA 25試合14勝10敗1分、110得点86失点、打率.251、防御率3.07


 CS突破のカギは、糸井嘉男福留孝介鳥谷敬のベテラン陣の活躍にかかっているのは当然のこと。9月18日に目の前で胴上げを見せられたことを若手がどうとらえたかにより、ファーストステージの戦い方が大きく変わってくる。

 V逸後、金本監督は「2位確保」を前提に戦うと語り、9月30日の巨人戦[東京ドーム]で勝ち、この公約は守った。「チャンスは残されている。ロッテが3位から日本一になったこともあるし、中日も2位からそうなった。そこを目指して切り替えてやっていかないといけない・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー